「特集」クエン酸サイクルでキレイになる!アルカリ生活美人になる習慣!

やせる!? きれいになる!?

肩こりを解消する!? 脂肪を燃焼する!?

クエン酸サイクルって、知っていますか?

 

クエン酸サイクルとは、何でしょう?

クエン酸回路とか、クエン酸経路、クレプス回路、TCAサイクル、

最近ではATPサイクルとも呼ばれていますが、医学医療分野では

TCA回路と呼ばれています。

 

このクエン酸サイクル(TCA回路)がスムーズに、活発に活動することで

疲労を解消し、また脂肪を燃焼させることで美容とダイエットにも効果が出る

のでは?と言われています。

 

それは新しい健康法なのでしょうか?

そんな効果があるものならすぐにでも取り入れたいと思われるでしょう。

ところが「クエン酸サイクル」とは、もともと私たちの身体に備わっている

身体機能-【生命維持活動の機能】-のひとつなのです。

 

私たちは食事で摂った栄養素をエネルギーに変えることで生活をしています。

そして、このエネルギーはクエン酸サイクルで作られています。 

これをエネルギー産生(ATP)と言います。

 

クエン酸サイクルとは、私たちの身体を元気に動かすための大事なメカニズム、機能なのです。

 

健康体の体質(体液)は、弱アルカリ性(PH値7,4)ですが、常時この弱アルカリ性の健康状態を維持するために

はたらく身体機能があります。

これを生体恒常性(ホメオスターシス)、または生体防御機能といいます。

身体の体質(体液)が少しでも酸性に傾いたら、アルカリ性に戻そうとする機能です。

そうして私たちの生命は守られているのです。

クエン酸サイクルも、私たちの生命を維持するために、生まれたときから備わっている身体機能の一つなのです。

 

でも機能しているのを気づかないのはなぜでしょうか?

それはクエン酸を摂取しないと「クエン酸サイクル」はスムーズに回らないからです。

 

 

不健康って、どんな状態?

       女性の大敵!肩こり
       女性の大敵!肩こり

 

「私は健康です!」とか、「今はちょっと不健康で、、。」というのは、

生体病理学的には身体がどのような状態のことを表すのでしょうか?

 

 

 

 

体質(体液)は、

酸性、強酸性、弱酸性、中性、弱アルカリ性、強アルカリ性、アルカリ性で表現し、PH値(ペーハー)で表記します。

 

健康体の体質(体液)は、弱アルカリ性で、PH7,4です。 

中性が7,0で、これより数字が小さくなると酸性、多くなるとアルカリ性です。

そして不健康とは、酸性化体質の状態を指します。

 

 では酸性化体質の状態とはどんな状態なのでしょうか?

極端な例ですが、体液(血液)がすべて酸性になると、生命が維持できない状態、すなわち瀕死の状態、あるいは危篤状態となります。末期のがん患者の血液はほとんどが酸性です。

 そうなる前に、身体機能のはたらきによって中性もしくは、弱アルカリ性へ引き戻されるのですが、残念ながらいろいろな原因により、その身体機能がうまく働かなくなると、酸性化(弱酸性)体質のままで不健康な状態となってしまうのです。

 

では、なぜ、酸性化体質になるのでしょうか?

なぜ、酸性体質になるのでしょうか?

エネルギーの燃えカスが残ってる!?

 

 

エネルギーの燃えカスって、なに?

 

私たちは、毎日の食事で摂った栄養素を、クエン酸サイクルで燃焼させてエネルギー(ATP)を作り出しています。

その中心となるクエン酸が不足すると、クエン酸サイクルがうまく回らなくなり不完全燃焼となり、燃えカスとして焦性ブドウ糖が発生し、これが酸性物質「乳酸」と「ビルビン酸」に変化します。

 

これらの酸性物質「乳酸」や「ビルビン酸」がうまく燃焼されず、処理されないまま体内に残って蓄積されている状態、それが酸性体質となる原因となります。

酸性物質「乳酸」が体内で蓄積され増えすぎた場合、私たちの身体にいろいろな害を引き起こすこととなります。

☆女性の敵、「肩こり」の真犯人の正体がわかりました!

例えば、酸性物質「乳酸」は体の組織にあるタンパク質と結びついて乳酸タンパクとなり、

筋肉細胞に溜まると、いわゆる「こり」の現象を起こします。

 

これが「肩こり」の真犯人の正体です。

「腰痛」も同様に、乳酸タンパクが筋肉細胞に溜まることが原因で起こります。

 

多くの女性を悩ませている肩こりや、目の疲れ(眼精疲労)、首すじのこり、腰痛、背中のはり、

これらの”凝り”や”張り”の原因は、酸性物質「乳酸」であることがよくわかります。

このような酸性体質となると、体温が下がり血行が悪くなり、身体の抵抗力が弱くなって疲れやすく、

病原菌や風邪のウイルスにかかりやすいなど病気になりやすくなってしまいます。

 ☆これが酸性体質の状態、つまり不健康な状態ということです。

 

 

     冷え性  肌荒れ  生理不順  生理痛  アトピー性皮膚炎  アレルギー性鼻炎  花粉症  

     不眠  睡眠障害   動悸  息切れ  狭心症  不整脈  子宮筋腫  高血圧  低血圧 

     高脂血症  糖尿病  動脈硬化  脳梗塞  心筋梗塞  痔  耳鳴り  難聴

     コレステロール中性脂肪の増加  更年期症状  眼精疲労  視力低下  肩こり   腰痛

     慢性腎臓病  甲状腺機能障害  緑内障  白内障  加齢黄斑変性症  認知症 

 

☆女性の敵、「肩こり」をもとから断つ!

 ☆このような病気に対する抵抗力を取り戻すには、クエン酸サイクルを活発に動かして、体内から酸性物質を取り除かなければなりません。


酸性物質をエネルギーとしてリサイクル(再利用)!

身体の中のリサイクル工場、それが「クエン酸サイクル」です!

「クエン酸サイクル」のしくみ

 

1、食事などの栄養素を燃焼させてエネルギー(ATP)を産生。

  その際に燃えカスとして残った酸性物質「乳酸」とクエン酸が結合。

  再びエネルギーの素としてリサイクル(再利用)されます。

2 七種類の変化を続けた酸は、再びクエン酸へと姿を戻します。

  そして再び「乳酸」と結合し、リサイクルとリニューアルの化学変化を続けます。

3 クエン酸サイクルと呼ばれるこの燃焼循環によって、酸性物質「乳酸」は二酸化炭素(炭酸ガス)と水に分解されます。

  さらに、その炭酸ガスが酸性物質「乳酸」や「脂肪」を分解していきます。

4 体内の酸性物質「乳酸」や「脂肪」は減少し、身体の体質(体液)がアルカリ性に変わります。

 


【クエン酸サイクル citric acid cycle】

         クレブス博士
         クレブス博士

 

クエン酸サイクルとは、1937年 ドイツ生まれでイギリスの医学博士で化学者ハンス・クレブス博士(Hans adolf krebs 1900~1981)によって発見された生体機能システム理論の学説です。

この功績により、1953年にノーベル化学賞・医学賞を受賞しています。

 

ノーベル賞の受賞により、この「クエン酸サイクル」が科学的根拠はもちろん、生体化学的、また医学的根拠に基づいた理論であることが証明されました。

 

 

クエン酸サイクルという呼称は、高等学校の生物学で使用されますが、大学以降、医学医療分野では、TCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれています。

また発見者の名をとって、クレブス回路とも呼ばれています。

 

 


クエン酸サイクルのおかげで、私たちの生活にたくさんの恩恵(メリット)を受けています。

   美肌づくり    髪サラサラ    脂肪分解ダイエット    血めぐりアップで冷え知らず    インフルエンザや風邪予防

  疲労・夏バテ回復   血液サラサラ    ミネラル吸収促進(キレート作用)   カルシウム吸収アップで骨粗しょう症予防        

   高血圧改善    減塩   免疫力アップ    糖尿病予防     血中コレステロールの減少    メタボ予防対策     

   アンチエイジング老化防止    食欲・消化増進   肝臓機能促進    アトピー改善   腸内環境改善    便秘改善

   肩こり・腰痛解消     食中毒の予防    痛風の予防    尿路・膀胱結石の予防


ドリンク剤にもクエン酸!?

 

ドリンク剤に、クエン酸!?

疲れたら、ドリンク剤をコンビニなどで買って飲んでいるという方も多いようです。

400円くらいのが良く売れているそうです。

中には1,000円超えるドリンク剤を毎日飲んでいるという方もおられるそうです。

 

このドリンク剤にもクエン酸サイクルが取り入れられているのをご存知でしょうか。

ビンのラベルの成分表を見てください。

小さな字で読みにくいですが、ビタミン剤やアミノ酸の下の中ほどに「クエン酸」あるいは、「クエン酸Na」「クエン酸水和剤」と書いてあります。

 

 

クエン酸サイクルによる疲労回復のために、クエン酸が含有されているのです。


炭酸ガスの入浴剤で!?

 

炭酸ガスといえば!

クエン酸サイクルによって、酸性物質「乳酸」は分解されて二酸化炭素

と水になり、その二酸化炭素が炭酸ガスとなり再び疲労物質「乳酸」を

分解するという化学反応を続けます。

 

 二酸化炭素を気体化させると炭酸ガスとなり、固体化はドライアイスです。

炭酸ガスと疲れといえば思い出すものがあります。

炭酸ガスの泡の出る入浴剤があります。

箱のラベルに、「温浴効果を高め、血行促進、疲れ・肩こり・冷え性に」と書かれています。

 

 

このことからも、炭酸ガスが疲労回復への効果があることがわかります。


クエン酸サイクルを活発にするための、  飲み方レシピ!

クエン酸サイクルを活発にするための、「バーモント酢 一子相伝」の飲み方レシピです。

 

黒酢やバーモント酢にはクエン酸が豊富に含まれています。

クエン酸を摂らなければクエン酸サイクルはスムーズに回りません。

スムーズに回らないと、酸性物質「乳酸」や脂肪が燃焼されずに、体内に留まって蓄積されてしまいます。

 

またクエン酸を多くとればとるほど、クエン酸サイクルは活発に活動します。

起きがけと就寝前!

 飲み方は実にカンタン!

起きがけと寝る前、12回、コップ一杯ずつ飲む。それだけでOK!

コップ一杯とは約150~200cc。

※ 一度にたくさん摂るのではなく、一日中体内にクエン酸が入っている状態を

   保つために、少しづつを数回に分けて飲むのがコツ!

※ 150ccとは、小さいサイズのペットボトル(500ml)の3分の1くらいです。 

 

まずは朝起きたときに一杯!

この一杯にはリラックス効果もあり、バーモント酢に含まれるカルシウムによってストレスも減らします。(飲む前に、水で口をゆすいでから飲みましょう。)

 

そして寝る前に一杯飲む。

寝ている間に汗をかいて水分不足となり、明け方に脳梗塞や心筋梗塞になるリスクが高まります。寝る前に飲むことで、そのリスクも減らします。

 

このレシピは一例です。

夜中にトイレの回数が増えて困るというような方は、寝る前ではなく、

お風呂上がりや夕食の前など、ご自由にご自分のライフスタイルに合わせて、

お飲みください。

 

その他にも美味しい作り方レシピや、飲み方レシピもあります。

こちらをご覧ください。


出典:厚生労働省疫学調査 「あなたは疲れていますか?」

    文部科学省科学技術振興調整費 「見えてきた疲れのメカニズムと疲労克服」

    宝島社発行 「酢生姜で体すっきり!ずっと健康!」

    幻冬舎発行 「やせる!きれいになる!炭酸生活」 国際医療福祉大学 大学院教授 前田眞治著


○ 年中無休で対応

お客様のご注文への対応は、

一年  三百六十五日

一日  二十四時間

年中無休にて、いつでも

ご注文承っております。


○ お申し込みは

お申し込みは

ご注文方法を、クリック。 

日本全国送料無料!  

○ お支払い方法は

 郵便振込・コンビ二払い

    (振り込み手数料も無料!)

 代金引換え払い

    (代引手数料も無料!) 

 クレジットカード払い

   返品・交換も受け付けます。




    ○ 「人気商品のご案内」の ページへお進みください。

        サイトページはこちらへ。


○  お客様サポートセンターのご案内

お客様の製品に関するご質問や、

お体の症状に」ついてのご相談に応じる

ための、お客様サポートセンターを開設

いたしております。

         サイトページはこちらへ。

 


○ お問い合わせ

ご不明な点、疑問点などございましら、

ご遠慮なくお客様サポートセンター

お申し付けくださいませ。

         サイトページはこちらへ。


薬剤師さんからの一言

生活習慣病について

「生活習慣病」を予防するには、

毎日の生活において、飲酒・喫煙を控え、減塩等の食事療法や、ストレスを減らすといった生活上の努力をしてください。

 自覚症状が何ら、ないまま 進行して行くといわれているのが「生活習慣病」です。

 

気付いた時には、手遅れの状態だったりします。では、病気をいち早く発見するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

 ひとつには、「健康診断」を受けることです。

 定期的に、しかも健康な時に。

血圧、血糖値、コレステロール値、尿酸値などの検査結果は、 「検査値」として、数字で表されるので簡単にチェックできます。基準値を超えていれば、自分がどのような「生活習慣病」に なっているか、あるいはその予備軍なのかがわかります。

 

 狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気にならないために、今の自分の病気をよく理解し、今後はその治療なり改善策を取ることができるというわけです。

 基準値を超えていたら、かかりつけの病院や、くすりやさんに相談しましょう。

[生活習慣病の対策サイト」

 

牡蠣エキスDXのサイトはこちらへ。

黒酢大蒜くろずにんにくのサイトはこちらへ。

麹肥減DXのサイトはこちらへ。


セルフメディケーションとは

  国民皆保険という制度は、もちろんよくご存知でしょうが、この国民皆保険制度が破綻の危機にあるのをご存知でしょうか。厚生労働省がセルフメディケーションを提唱しているのも

この制度を維持継続させるためなのです。

セルフメディケーションとは、

 自分の健康は自分で守る。軽い病気は自分で緩和や予防するということす。

自分で自分の健康を管理するためは、

食事  ・・バランスのとれた食事で十分な栄養を摂る

運動  ・・日頃から体を動かして、

       体力づくり

睡眠  ・・十分な睡眠をとり、体と心を

       休める

治療  ・・ちょっとした病気は、くすり やさんに相談して一般用医薬品を使って、自分で手当てする

 

 医療保険制度を維持するためにもセルフメディケーションの実践がいまや必要なのです。

 


震災へのお見舞い

  東日本大震災からすでに6年。

 あらためて亡くなられた方々へ哀悼の意を捧げますとともに、

 被害にあわれた皆様に心より お見舞い申し上げます。

 被災地の一日も早い復興を お祈りいたします。

 

 熊本・大分地震から間もなく1年。

 被害にあわれた皆様に心より お見舞い申し上げます。

 被災地の一日も早い復興を お祈りいたします。

 


「ピンクリボン運動」

 「土屋薬品メディオスネット」は、乳がん早期発見の大切さをひろげる  「ピンクリボン運動」を応援しています。


「ロコモ」の予防啓発、啓蒙活動

「土屋薬品メディオスネット」は

ロコモティブシンドロームの予防活動を応援しています。

 運動器の病気や障害により、寝たきりや要介護を引き起こすロコモティブシンドローム。

 日本整形外科学会の提唱に賛同し、「ロコモ」の予防啓発、啓蒙活動を応援しています。

                                                                                     「ロコモ」対策について 、詳しいサイトページは、こちら



コメント掲載について

※ ご覧の方へのご注意

当サイトに掲載の体験談・コメント・イメージ図・画像は、各お客様の主観に基づくものであり、弊社ではその正確性を保証するものではございません。

ご覧の方の自己責任においてご利用ください。

お送りいただきました体験談・コメント・イメージ図・画像は、メディオスネット通販運営会社にて審査の上、15営業日ぐらいを目安に掲載させていただいております。

なお、当該コメントは弊社関連サービスの該当ページにも表示される場合があります。

また、中傷(根拠のない悪口など)やクレームを目的としたもの、伝聞によるもの、法律・法令・公序良俗に反するものなど、弊社で不適切と判断したものについては掲載を見合わせるか、または削除される場合がございますので、予めご了承ください。

 

※ 医療機関の方へ

掲載サイト欄は、コメント発信者に発信の場を提供するもので、弊社の見解を表明するものではありません。

掲載について、社会通念上好ましくないと思われる特定の言葉や表現のフィルタリングは行いますが、内容の真偽は弊社では判断いたしかねます。

本掲載サイトは、各お客様の主観に基づくものであり、弊社ではその正確性を保証するものではありません。

当該医療機関の方で、本サイトに関するご意見・感想・コメントなどある場合は、Webサイトの「お客様サポートセンター」にある入力フォームより投稿

いただきますよう、お願いいたします。

投稿いただきましたコメントは、メディオスネット通販運営会社にて審査の上、10営業日位を目安に掲載させていただいています。(掲載・ご回答等を

お約束するものではありません。)

コメントの削除交渉を代行し、対価を要求してくる業者があるようですが、それらの業者と弊社とは一切関係がございません。

 

※ 掲載している情報についてのご注意

掲載している各種情報は、土屋薬品メディオスネット通販事業部が調査した情報を元に掲載しています。

出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

当サービスによって生じた損害について、弊社ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

情報に誤りがある場合には、御手数ですがWebサイト「お客様サポートセンター」のお問い合わせフォームからメールにてご連絡をいただきますよう

お願いいたします。