「特集」尿路結石の再発が怖い!?

尿路結石症について、

尿路結石症は腎臓でできた結石が尿路に詰まって、尿の流れが悪くなる病気です。
結石ができた場所によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石に分けられます。
泌尿器かで最も頻度の高い病気で、とくに30~50歳代の男性に多くみられます。
典型的な症状は激しい疼痛と血尿です。

再発しやすい病気ですから、治療後も水分補給を欠かさずに、

バランスのよい食事と、規則正しい食生活を続けることが大切です。


尿路結石症とは?

結石ができた場所によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石に分けられます。

尿路結石症は、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石に分けられます。

特徴的な症状は?

■ 腎結石
  • 腰部、側腹部の疼痛
  • 血尿
  • 尿路感染
  • 無症状のこともある

■ 尿管結石
  • 疝痛発作
    背中からわき腹にかけて刺すような激痛
    夜間や早朝に起きることが多く、3~4時間続く
    吐き気、嘔吐、冷や汗などを伴うことも
  • 血尿

■ 膀胱結石、尿道結石
  • 排尿時痛、頻尿、残尿感
  • 排尿困難
  • 血尿

治療法は?

治療は、まず痛みをとり、保存的治療または外科的治療により結石を排出させます。
■ 痛みの除去
  • 非ステロイド性抗炎症薬(座薬)
  • 非麻薬性鎮痛薬
  • 鎮痛鎮痙剤
■ 保存的治療
直径5mm以下の結石は、自然排石する可能性が高いので、水分を多量に摂取して、3~4ヶ月経過観察します。
薬物治療法を行う場合もあります。

■ 外科的治療
  • 対外的衝撃波結石破壊術(ESWL)
    最も身体に負担が少ない外科療法で、直径10mm以上の場合、第一選択の手術法です。
  • 内視鏡手術
    ESWLでは不十分な場合、内視鏡手術を行います。

再発を予防するためには?

1日2L以上の水分を補給してください。

これは飲水指導といって、医師からも指導されます。

シュウ酸は、水溶性ですから水分をたくさん引用することによって、

尿中にとどまることを阻止するためで、理にかなっている方法です。

 

尿路結石は、慢性的な脱水状態や水分摂取不足で発生しやすく、

食事以外にも水分を補給して、1日の尿量を2,000ml以上にできるようにすることが

理想とされています

定期的に、病院で検診を


バランス良く、規則正しい食生活を、

野菜、海藻類をたっぷり摂りましょう!


夜寝る前の食事は禁物!

結石は、夜作られる!?
日本人の尿路結石症の患者の食生活は、1日の必要栄養素の半分近くを夕食で摂取する、夕食中心型といわれています。

特に、夕食時に動物性蛋白質を多く摂取してしまう夕食中心の食生活は,就寝後の尿中への、結石形成促進物質の過剰排泄につながります。

夕食から就寝までの間隔は、4時間程度間けるのが理想的です。
一般に、就寝中は体内に水分が補給されずに、尿が濃縮されます。

食後は、結石関連物質の尿中排泄が、約2~4時間後でピークになりその後減っていきますので,食事の時間が就寝時間に近いと,ますます結石ができやすくなると言うことになります。

コレステロールを多く含む食品は控えめに!

アルコールは控えめに!

特に、プリン体の含まれるビールは、控えめにしましょう。

塩分、糖分は控えめに!


シュウ酸を過剰に摂らない!

シュウ酸を多く含む食べ物があります。

食生活の中で、これらを食べてはいけないことになります。

野菜の中では、ほうれん草がシュウ酸を多く含んでいます。

長ネギ、タケノコ、ブロッコリー、モロヘイヤ、パセリなどもシュウ酸を多く含んでいます。

 

ただし、シュウ酸は水溶性ですので、ほうれん草などはゆでることによって、減らすことができます。

3分間ゆでることで、37%から51%シュウ酸を除去することができたという、研究データが報告されています。

またおひたしにすると、絞り汁の中に含まれるシュウ酸濃度が、半分になるとも報告されています。

さらに、カルシウムを一緒に摂ることで、シュウ酸の吸収を減らすことができるので、ほうれん草のおひたしに、

ちりめんじゃこや、削り節をかけて食べれば、問題ないということになります。

 

バナナも、青く未熟なものはシュウ酸を多く含みますが、完熟してくるとシュウ酸濃度は低下します。

コーヒー、紅茶

緑茶など、特に玉露・抹茶が多くシュウ酸を含むとされています。

チョコレート、ココア、

ピーナッツ、アーモンドもシュウ酸を多く含みます。


適度なカルシウムを摂りましょう!

カルシウムやシュウ酸は結石の成分の一つです。

シュウ酸は摂りすぎると結石ができやすくなりますが、

カルシウムは逆に結石が出来るのを予防する効果があります。

なぜなら、カルシウムは食物から摂取されたシュウ酸と

腸管内で結合して糞便中に排泄させ、尿中のシュウ酸濃度を

下げるからです。

特にシュウ酸カルシウム結石の患者さんの場合には、大変効果的です。

 

1日に600mg~800mgの摂取が、望ましいとされています。

カルシウム・パラドックスについて、

カルシウム摂取が不足すると、血管等の軟部組織にカルシウムが逆に増え、動脈硬化、糖尿病、高血圧など様々な疾病が起こる現象をカルシウム・パラドックスと呼びます。

カルシウム摂取不足により、血中カルシウム濃度が低下すると、副甲状腺ホルモンの働きにより、骨からカルシウムが溶出し血液中に流入します。このカルシウムが血管へ沈着(動脈石灰化)し、動脈硬化を引き起こすと考えられます。

骨粗しょう症患者では、動脈石灰化症による冠状動脈疾患・心臓病が多くみられることはよく知られています。

 

古くから、カルシウムの摂取を制限すると、カルシウム結石形成の危険性が低下すると考えられてきましたが,

カルシウムを制限し過ぎると、本来、腸管内でカルシウムと結合し糞便中に排泄されていたシュウ酸が、腸管から過剰に吸収されることになり、尿中でのシュウ酸排泄量が増えてしまい、シュウ酸カルシウム結石形成の危険性が増えると考えられています。

 

 

出典:尿路結石症診療ガイドライン2013年版 厚生労働省

 

 


再発を防止する有効なサプリメントは?

クエン酸は有用な、結石形成阻止物質です!

クエン酸は、尿をアルカリ性のほうへ傾け、結石を溶けやすくさせるはたらきがあります

クエン酸は、尿中のカルシウムが、シュウ酸やリン酸と結合するのを阻害し,結石形成を阻止すると

考えられています。

クエン酸は、尿中でカルシウムと結合しても可溶性物質ですので,そのまま排泄されます。
クエン酸は、アルカリ食としての果物や野菜などに多く含まれていますが,かといって過剰摂取により、

同時に野菜のシュウ酸を多量に摂取する可能性がありますので,野菜からのクエン酸摂取は、お勧めできません。

 

 

再発が怖い!あの痛みは、もう二度と経験したくない!

でも、

 

毎日お水を2,000mlも飲みなさいと、お医者さんから言われたけれど?

野菜をたくさん食べなさい!と言われたけれど?

海苔とか、ワカメを食べなさいと言われたけれど?

 

ハンバーグはダメ!って、言われました。

フライドチキンもダメ!って、言われました。

ビールもダメ!って、言われました。

コーヒーも、ココアも、チョコレートもダメ!って、言われました。

あれもこれも、みんなダメ!って、言われました。

どうすればよいのでしょうか?

そこで、有効なのがバーモント酢です。

 

お酢には、クエン酸が豊富に含まれています。

クエン酸は、尿をアルカリ性へと傾け、結石を溶けやすくするはたらきがあります。

クエン酸は、結石形成阻止物質なのです!

膀胱結石、尿路結石の予防、再発防止となります!

バーモント酢は、高血圧の方に特にお勧め。写真をクリックすると、詳しい商品サイトへ進めます。
バーモント酢 一子相伝

 

  バーモント酢 一子相伝

 

 「有機玄米くろ酢」_____アミノ酸や有機酸が豊富に含まれています。

 「静置発酵りんご酢」____りんごには、カリウムが豊富で、血圧の上昇を

               抑えます。

 バーモント酢________おいしくて、フルーティ!

               牛乳で割っても、冷水でも、ホットでも!

               焼酎を割って、酎ハイに!

               いろいろな飲み方を楽しみながら、

               10倍にうすめて、家族みんなで飲んでください。

  

               カルシウムも豊富に含まれています。

               コレステロール値が気になる方にも、

               毎日、おいしく飲める「健康飲料」です!

 

☆写真をクリックすると、商品の詳しいページへと進めます。