「特集」尿路結石の再発が怖い!?

あの痛みは、もう二度と経験したくない!

尿路結石の典型的な症状は、激しい疼痛と血尿です。


尿路結石症とは、泌尿器科で最も頻度の高い病気で、とくに30~50歳代の男性に多くみられます。
典型的な症状は激しい疼痛と血尿です。

 

再発しやすい病気ですから、治療後も水分補給を

欠かさずに、バランスのよい食事と、規則正しい食生活を続けることが大切です。

尿路結石は、再発しやすい!?

尿路結石症は、5年以内に45%が再発しやすい病態です。

 尿路結石症は、再発しやすい病態と言われています。

5年以内に45%で二人に一人、10年以内で60%ですから、三人に二人が必ず再発すると言われているのが、尿路結石症です。

 

 

 

尿路結石の再発を防止するためにはどうしたらいいのでしょうか?

その再発防止対策を解説していきます。

 

まずは尿路結石症を分かりやすく解説します。

目次 INDEX

〇 尿路結石症とは?

〇 尿路結石症の特徴的な症状は?

〇 尿路結石症の治療法は?

〇 尿路結石症の再発を予防するためには?

〇 食べてはいけない食べ物、飲み物。

〇 尿路結石症の再発防止サプリメント

〇 クエン酸は結石形成阻止物質です。

〇 Q&A

尿路結石の再発が怖い!二度と病院へは行きたくない!

尿路結石症とは?

尿路結石症は、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石に分けられます。

尿路結石症は腎臓でできた結石が尿路(上図参照)に詰まって、尿の流れが悪くなる病気です。
結石ができた場所によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石に分けられます。

 

尿路結石症の特徴的な症状は?

尿路結石の実物の画像
■ 腎結石
  • 腰部、側腹部の疼痛
  • 血尿
  • 尿路感染
  • 無症状のこともある

■ 尿管結石
  • 疝痛発作
    背中からわき腹にかけて刺すような激痛
    夜間や早朝に起きることが多く、3~4時間続く
    吐き気、嘔吐、冷や汗などを伴うことも
  • 血尿

■ 膀胱結石、尿道結石

 

  • 排尿時痛、頻尿、残尿感
  • 排尿困難
  • 血尿

尿路結石症の治療法は?

膀胱結石、尿路結石の治療法は?
治療は、まず痛みをとり、保存的治療または外科的治療により結石を排出させます。
■ 痛みの除去
  • 非ステロイド性抗炎症薬(座薬)
  • 非麻薬性鎮痛薬
  • 鎮痛鎮痙剤
■ 保存的治療
直径5mm以下の結石は、自然排石する可能性が高いので、水分を多量に摂取して、3~4ヶ月経過観察します。
薬物治療法を行う場合もあります。

■ 外科的治療
  • 対外的衝撃波結石破壊術(ESWL)
    最も身体に負担が少ない外科療法で、直径10mm以上の場合、第一選択の手術法です。
  • 内視鏡手術
    ESWLでは不十分な場合、内視鏡手術を行います。

尿路結石症の、再発を予防するためには?

〇飲水指導

尿路結石の再発を予防するためには、飲水指導で、1日2,000㎖の水を飲むよう指導される。

1日2,000㎖以上の水分を補給してください。

これは飲水指導といって、尿の量も2,000㎖以上出すために指導されます。

 

シュウ酸は、水溶性ですから水分をたくさん飲用することによって、結晶が

尿中にとどまることを阻止するためです。

分かりやすいたとえとして、雨が降らないと川の流れは悪くなり、大きな石などが

堆積しますが、たくさん雨が降れば川は増水して流れやすくなり、下流へと石や

泥は流れていきます。

 このように水をたくさん飲むことによって、結石の元となる物質を、腎臓や尿管に

留まらせないようにするということです。

 

尿路結石は、慢性的な脱水状態や水分摂取不足で発生しやすく、

食事以外にも水分を補給して、1日の尿量を2,000㎖以上にできるようにすることが理想とされています。

 

〇定期的に、病院で検診を

尿路結石症の治療後には、自覚症状がないこともあり、検査だけのためにはなかなか病院へは行かないものです。

しかし、1年に一回は病院で検査を受けてください。

結石ができているかどうかは、エコー検査により短時間でわかります。


〇バランス良く、規則正しい食生活を、

野菜、海藻類をたっぷり摂りましょう!


〇夜寝る前の食事は禁物!

結石は、夜作られる!?

日本人の尿路結石症の患者の食生活は、1日の必要栄養素の半分近くを夕食で摂取する、夕食中心型いわれています。

特に、夕食時に動物性蛋白質を多く摂取してしまう夕食中心の食生活は,就寝後の尿中への、結石形成促進物質の過剰排泄につながります。

夕食から就寝までの間隔は、4時間程度間けるのが理想的です。
一般に、就寝中は体内に水分が補給されずに、尿が濃縮されます。

食後は、結石関連物質の尿中排泄が、約2~4時間後でピークになりその後減っていきますので,食事の時間が就寝時間に近いと,ますます結石ができやすくなってしまいます。


コレステロールや、脂肪を多く含む食品は控えめに!

尿路結石の再発を予防するために、コレステロールや、脂肪の多い食べ物は控えてください。

アルコールは控えめに! 特にビールはNG!

日本酒、清酒、ビール、発泡酒などは飲めば酸性体質となり、結石ができやすくなります。

特に、ビールに含まれるプリン体は、結晶化を促進する物質です。ビールは飲まないようにしましょう。

ワインは果実酒で、唯一アルカリ性ですから飲んでも良いお酒です。

焼酎、ウイスキー、ブランデーは蒸留酒のため、どちらでもない中性酒となりますが、炭酸水などで

割ったりすると酸性酒類となってしまいます。


塩分、糖分は控えめに!


〇シュウ酸を過剰に摂らない!

シュウ酸を多く含む食べ物があります。

尿路結石の再発を予防するために、シュウ酸を含んだ食べ物を控えましょう。

尿路結石の原因になるシュウ酸を多く含む食べ物があります。

食生活の中で、これらを食べてはいけないことになります。

野菜の中では、ほうれん草がシュウ酸を多く含んでいます。

長ネギ、タケノコ、ブロッコリー、モロヘイヤ、パセリなどもシュウ酸を多く含んでいます。

 

ただし、シュウ酸は水溶性ですので、ほうれん草などはゆでることによって、減らすことができます。

3分間ゆでることで、37%から51%シュウ酸を除去することができたという、研究データが報告されています。

またおひたしにすると、絞り汁の中に含まれるシュウ酸濃度が、半分になるとも報告されています。

さらに、カルシウムを一緒に摂ることで、シュウ酸の吸収を減らすことができるので、ほうれん草のおひたしに、

ちりめんじゃこや、削り節をかけて食べれば、問題ないということになります。

 

バナナも、青く未熟なものはシュウ酸を多く含みますが、完熟してくるとシュウ酸濃度は低下します。

 

青汁も、緑茶も飲んではいけない!?

青汁は、ほうれん草と同じくシュウ酸を含みますので、青汁は飲んではいけません。

コーヒー、紅茶、ココア、

緑茶など、特に玉露・抹茶が多くシュウ酸を含むとされています。

青汁は身体に良いのではと思われますが、ほうれん草などと同じくシュウ酸を含みますから、青汁は飲んではいけません。

ウーロン茶も同じです。

飲んでも良いお茶は、番茶、ほうじ茶、麦茶などです。

 

 

 

その他、食べてはいけないものや、

飲んではいけないものは、

チョコレート、ピーナッツなど、

アーモンドもシュウ酸を多く含みます。

 

コーラ、レモンジュースなどの炭酸飲料は、炭酸水が酸性ですからNGです。

ただしミネラルウォーターは、PH7,9で弱アルカリ性です。

 

尿路結石の再発を予防するために、チョコレート、コーヒー、ココアは控えましょう。
尿路結石の再発を予防するために、緑茶、特に抹茶などは控えましょう。

〇適度なカルシウムを摂りましょう!

尿路結石の再発を予防するために、カルシウムをたくさん摂りましょう。

カルシウムやシュウ酸は結石の成分の一つです。

シュウ酸は摂りすぎると結石ができやすくなりますが、

カルシウムは逆に結石が出来るのを予防する効果があります。

なぜなら、カルシウムは食物から摂取されたシュウ酸と

腸管内で結合して糞便中に排泄させ、尿中のシュウ酸濃度を

下げるからです。

特にシュウ酸カルシウム結石の患者さんの場合には、大変効果的です。

 

1日に600mg~800mgの摂取が、望ましいとされています。

しかしカルシウムを牛乳で補給する場合、注意する点があります。

それは、牛乳には脂肪分が含まれています。

脂肪の摂りすぎも尿路結石の原因となります。

低脂肪、または無脂肪と表記されている牛乳を選ばなければなりません。

できれば、牛乳以外でカルシウム補給を考えた方が良いでしょう。

カルシウム・パラドックスについて、

カルシウム摂取が不足すると、血管等の軟部組織にカルシウムが逆に増え、動脈硬化、糖尿病、高血圧など様々な疾病が起こる現象をカルシウム・パラドックスと呼びます。

カルシウム摂取不足により、血中カルシウム濃度が低下すると、副甲状腺ホルモンの働きにより、骨からカルシウムが溶出し血液中に流入します。このカルシウムが血管へ沈着(動脈石灰化)し、動脈硬化を引き起こすと考えられます。

骨粗しょう症患者では、動脈石灰化症による冠状動脈疾患・心臓病が多くみられることはよく知られています。

 

結石の主要成分は、88%がシュウ酸カルシウムです。

古くから、カルシウムの摂取を制限すると、カルシウム結石形成の危険性が低下すると考えられてきましたが,

カルシウムを制限し過ぎると、本来、腸管内でカルシウムと結合し糞便中に排泄されていたシュウ酸が、腸管から過剰に吸収されることになり、尿中でのシュウ酸排泄量が増えてしまい、シュウ酸カルシウム結石形成の危険性が増えるものと考えられています。

したがって、カルシウムは逆に結石ができるのを予防する効果があると言うことです。

出典:尿路結石症診療ガイドライン2013年版 厚生労働省 日本泌尿器科学会


尿路結石の、再発を防止するサプリメントは?

クエン酸は、結石形成阻止物質です!

結石を作る成分があるように、それを阻止し抑制する成分があります。

それがクエン酸です。

クエン酸は、尿をアルカリ性のほうへ傾け、結石を溶けやすくさせるはたらきがあります

クエン酸は、尿中のカルシウムが、シュウ酸やリン酸と結合するのを阻害し,結石形成を阻止すると

考えられており、「結石形成阻止物質」または、「結晶化抑制物質」と呼ばれています。

クエン酸は、尿中でカルシウムと結合しても可溶性物質ですので,そのまま排泄されます。
クエン酸は、アルカリ食としての果物や野菜などに多く含まれていますが,かといって過剰摂取により、

同時に野菜のシュウ酸を多量に摂取する可能性がありますので,野菜からのクエン酸摂取はお勧めできません。

 

 では、何からクエン酸を摂取したらよいのでしょう?

 

どんな方法でクエン酸を摂ったら良いのでしょうか?

レモンも、梅干しもNG?

クエン酸は、レモンや梅干しなどの酸っぱい食べ物に含まれています。

クエン酸は、お酢をはじめ、レモンや梅干しなどの酸っぱい食べ物に含まれています。

しかしレモンはNGです。

なぜならレモン汁は酸性であり、さらにレモンの皮にはシュウ酸が含まれています。

かといって、梅干しを一日に10個も20個も食べられません。

 

お酢を飲むとしても、苦くてそのままでは飲めないので、リンゴやハチミツを用意して来て、その都度作って飲まなければなりません。

★再発が怖い!  あの痛みは二度と経験したくない!

毎日お水を2,000mlも飲みなさいと、お医者さんから言われたけれど?

野菜をたくさん食べなさい!と言われたけれど?

海苔とか、ワカメを食べなさいと言われたけれど?

 

ハンバーグはダメ!って、言われました。

フライドチキンもダメ!って、言われました。

ビールも飲みたいが、ダメ!って言われました。

コーヒーも、ココアも、チョコレートもダメ!って、言われました。

 

あれもこれも、みんなダメ!って、言われました。

どうすればよいのでしょうか?

そこで、おススメなのがバーモント酢です!

 

お酢には、クエン酸が豊富に含まれています。

クエン酸は、尿をアルカリ性へと傾け、結石を溶けやすくするはたらきがあります。

クエン酸は、結石形成阻止物質なのです!

膀胱結石、尿路結石の予防、再発防止となります!

 

バーモント酢には、クエン酸も、カルシウムも、食物繊維もたっぷり含まれています!

ただ飲むだけで、再発の防止となります!

バーモント酢はクエン酸がたっぷり含まれています。、尿路結石の再発予防に、クエン酸を摂りましょう。

 

 

 「有機玄米くろ酢」_____アミノ酸や有機酸が豊富に含まれています。

 「静置発酵りんご酢」____りんごには、カリウムが豊富で、血圧の上昇を

               抑えます。

 「バーモント酢」______おいしくて、フルーティ!

               牛乳で割っても、冷水でも、ホットでも!

               焼酎を割って、酎ハイに!

               いろいろな飲み方を楽しみながら、

               10倍にうすめて、家族みんなで飲んでください。

  

               カルシウムも食物繊維も豊富に含まれています。

               コレステロール値が気になる方にも、

               毎日、おいしく飲める「健康飲料」です!

 

☆写真をクリックすると、商品の詳しいページへと進めます。


バーモント酢一子相伝 Q&A お客様の声

主人(40歳)が尿路結石になりまして、3年後にまた再発して仕事にならないくらいのたいへんな目にあつています。

   大好きなビールが飲めないと嘆いています。

   ある人から、お酢を飲むと良いと聞きました。なぜお酢を飲むと結石が出来なくなるのですか?(T・H様 39歳 女性)

 

尿路結石は、再発しやすい病態です。

5年以内に45%、10年以内が60%以上と、二人に一人が再発するといわれています。

お酢にはクエン酸が豊富に含まれています。

このクエン酸は、「結石形成阻止物質」または「結晶化抑制物質」と呼ばれています。

お医者様から飲水指導で、水を2,000㎖l飲むよう指導されておられると思いますが、そんなに飲めませんが、

バーモント酢を10倍にうすめて飲めば、容易に飲めます。またカルシウムも食物繊維も豊富に摂取できます。

尿路結石は、酸性体質の人にできやすいと言われています。

バーモント酢は酸性化した体質を中和させ、アルカリ体質に引き戻してくれます。

たとえば、牛肉ステーキを100g食べたとして、その酸性を中和させるためには野菜を600g食べなければなりません。

さらにアルカリ性にするには、もう300g野菜を食べなければなりません。

肉100gに対して、900gの野菜を食べなければなりません。バケツいっぱいの野菜が必要になります。

ところが、10倍にうすめたバーモント酢を、200㏄のコップ一杯飲むだけで中和してくれます。

ご主人様に、グラスいっぱいに氷を入れて、甲類焼酎でバーモント酢割り酎ハイを作って飲まれることをおススメします。

生ビールと同じく爽快な飲み心地が味わえて、ストレス解消になりますよ。

メタボ対策にもなりますので、毎日お続けください。

 

お客様の声

T・K 様 59歳 男性 ビル管理会社役員

尿路結石症に初めてなったのは12年前でした。出張中で夜遅くホテルに帰る前に、同僚たちと飲みながら食事をしていましたら、突然、左のわき腹の後ろ辺りが、刃物で刺されたような激痛が走りました。お腹全体をえぐられるような。

椅子から落ちて床にひれ伏して「うー、うー」うなっているのを見て、同僚が救急車を呼んでくれました。

でもそこから先は記憶にない状態でした。あまりの痛さに気を失ったのでしょう。気付いたときは病院のベッドの上でした。それからの一か月が地獄の毎日でした。仕事は半分くらいしかできません。

尿路結石症になった人の話は聞いてはいたものの、これほどまでに痛いとは思いませんでした。ところが、2年後にまた再発して、一か月の大半を休職状態で、会社や周りの人たちに迷惑かけました。幸い社長がこの尿路結石症の経験者で理解があり、支障なく復職することができました。

病院の先生からは「食事や生活習慣がこのままだと、5年以内に3人に2人は再発する」と言われました。

今思えば、前兆があったのです。右目のまつ毛とまぶたの間に豆粒ほどのいぼが出来ました。はじめはニキビかなと思っていましたらだんだん大きくなって、パチンコ玉くらいになっていました。

合う人ごとに「どうしたの?」と聞かれますし、見苦しいので切ってもらおうと皮膚科に行きました。

皮膚科の先生から「脂肪やコレステロール過多による高脂血症によって起こる症状です。」と言われました。高脂血症というのは今は脂質異常症というそうです。そしてすぐに内科を受診して、血液検査をしなさいといわれ、紹介状を書いてもらいました。

LDLコレステロール値が390もあり、コレステロールを減らす薬をもらい、飲んでいたらすごい便秘になって、この薬は途中でやめました。そして相変わらず夜遅く帰って、寝る前に肉やら揚げ物ばかり食べていました。

それで数年後に尿路結石症になってしまったというわけです。仕事は復職できましたが、社長からさんざん怒られました。生活習慣を改めるよう注意されて目が覚めました。

このバーモント酢を飲むようになったのも社長から勧められたのがきっかけです。社長は10年も前から飲んでるそうで、まったく結石はできなくて再発していないそうです。私も1年に1回、病院でエコー検査してもらっていますが、全然できていません。

私の飲み方は、500mlのペットボトルに入れていつも携帯しています。夜はワインをバーモント酢で割って飲んでいます。冬はワインに原液を数滴入れてお湯で割って飲んでいます。

前は必ず毎晩ビールを飲んでいましたが、プリン体が結晶化して石ができやすくなると聞いて、怖くなってビールはきっぱりやめました。

おかげで体重も減って、コレステロール値も162まで下げることができました。しょっちゅう風邪をひいていが、最近は全然ひきません。

尿路結石の再発予防のために、バーモント酢の作り方レシピ
尿路結石の再発予防のために、バーモント酢割り酎ハイの作り方レシピ