「特集」緑内障って、どんな病気?のタイトル

「特集」緑内障って、どんな病気?


「緑内障」は、40歳以上の20人に1人が発症しているのに、その9割の人がそれに気づいていない眼の病気です。

「緑内障(NTG:Normal Tension Glaucoma:正常眼圧緑内障)」は、眼の圧力で視神経が傷つき、視野が狭くなり欠けていく病気で、中途失明の原因の第一位です。

緑内障は、眼圧によって視神経が傷つき、視野が欠けていき、失明する眼の病気です。

 

 

まぶたの上からそっと目をさわるとわかるように、

眼球は空気の詰まったボールのように張りがあります。これは眼球の中の圧力(眼圧:がんあつ)が外よりも高く保たれているからです。

 おかげで体を動かしても眼球の形が変わらず、

網膜(もうまく)の上にきちんと映像を結んで、

ものを見ることができるのです。

 ところが、眼球の後ろにある視神経(ししんけい)はとても微細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。

 残念ながら傷ついた視神経は元に戻りません。

 その結果、大事な視神経の数が減ってしまい、視野(しや)がだんだん欠けていきます。

これが「緑内障」という病気です。

緑内障は、失明原因の第1位です。

 

 

しかも、早期に発見、治療して、病気の進行を止めないと、ついには失明に至ります。

実際、緑内障は中途失明の原因の第一位であり、油断のできない難病なのです。

 

          出典:

                NTG(正常眼圧緑内障)がよくわかる

                ホームページ

                http://www.ntg40.jp                                                           ファイザー株式会社


緑内障の症状の進み方は?

長い時間をかけてゆっくりと進行する。

 視野のイメージ像   ※右眼の例で表示しています。

緑内障の初期の、視野のイメージ画像です。

 

初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができます。 

視野の一部に異常がありますが、視野の「はし」の方だったり、小さい範囲だったりして、自分自身で異常に気付くことはありません。

緑内障の中期の、視野のイメージ画像です。

 

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気付かないことが多いようです。 

人によっては、自覚症状がない場合もあります。丁度老眼が疑われる年齢にさしかかっているため、発見が遅れがちなのです。

緑内障の後期(末期)の、視野のイメージ画像です。

 

後期(末期)

視野(見える範囲)はさらに狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障を来たすようになります。 

 

視神経の40%~50%が傷ついてくると、中心に近い部分にも見えないところが出てきます。

内側(鼻側)から視野が狭くなり、文字の一部が欠けて見えたり、テレビで見えない部分が出てきたりします。さらに放置すると、ついには失明に至ります。


緑内障の種類は?

● 正常眼圧緑内障(NTG)

   眼圧は正常範囲内なのに起こる緑内障です。日本人の緑内障の薬7割を占めています。

 

● 原発開放隅角緑内障

   眼圧が正常より高い緑内障です。

 

● 原発閉塞隅角緑内障

   「隅角」と呼ばれる部分が狭くなったり、閉塞したりしている緑内障です。

 

● 続発緑内障

   ほかの病気や薬の影響で眼圧が上昇し、起こる緑内障です。

 

● 発達緑内障

   生まれながらの緑内障です。


緑内障の検査方法は?

緑内障の検査方法は?検眼鏡などで眼球の奥を覗き、視神経に異常がないか、チェックします。

 

■ 視野検査

   視野計測の機械を使い、視野が欠けていないかチェックします。

 

■ 眼底(視神経)検査

   検眼鏡などで眼球の奥を覗き、視神経に異常がないか、チェックします。

 

■ 眼圧検査

 

   眼圧を計ります。正常の範囲内であっても、NTGの可能性があります。


緑内障の治療法は?

「緑内障」は、完治しない病気です。治療法はありません。進行を抑える、つまりブレーキをかける治療法しかありません!

薬物治療法

点眼薬で、眼圧を下げる

  緑内障治療は、症状の進行を抑えることが目標です。

 そのためには、眼圧をできるだけ下げる(その人の視神経が耐えられる範囲内の眼圧にする)治療が

 重要です。

 眼圧を下げる方法としては、点眼薬を用いる方法と手術する方法がありますが、

 まず初めは、点眼薬で眼圧を下げる治療を行うのが一般的です。

レーザー手術・外科的手術

  薬だけで眼圧を十分に下げることができない場合には、レーザー手術や外科的手術で

 房水の流れを良くして、眼圧を下げます。

 しかし、手術を行ったからといって、一度失った視野が回復するわけではありません。

 あくまでもそれ以上緑内障を進行させないための方法です。


眼圧の正常範囲は?

  ○正常範囲でも緑内障になる?

  眼圧は、血液と同じ「mmHg」(ミリメートル水銀柱)という単位で表します。

  眼圧の正常範囲とは、視神経が圧迫され、障害を起こすことがないと考えられる眼圧の範囲で、

  10~21mmHg未満とされています。

  しかし、眼圧の高低には、個人差が出ます。

  眼圧がとても高くても視神経がなんら障害を受けず、緑内障にならない高眼圧症の人もいます。

  また、眼圧は正常なのに視神経が障害を受けてしまう正常眼圧緑内障の人もいます。

  それはこの個人差があるからなのです。

 

  ○緑内障と診断された時点の眼圧より、低い眼圧を目指す!

  視神経がどのくらいの眼圧に耐えられるかは、ひとりひとり個人差が大きいのです。

  ですから、視神経がそれ以上に影響されないレベルまで眼圧を下げて、一定に保つ必要があります。

  目安として、自分が緑内障と診断された時点の眼圧より、低い眼圧を目標としてください。


40歳以上の20人に1人が緑内障と言われているのに、なぜ9割の人が気付かないのでしょうか?

40歳以上の20人に1人が緑内障!?

40歳以上の20人に1人が緑内障?なのに9割の人が気づいていない!?

 

日本緑内障学会が行った調査によりますと、

40歳以上の日本人の5%、つまり20人に1人が

緑内障と推定されています。

特に、50~70歳代で発症することが多く、70歳代では

7~8人に1人に緑内障があると報告されています。

そして問題は、自分で緑内障であると気付かないでいることにあります。

 

  もっと問題なのは、治療を受けている人が、わずか1割程度ということです。

  残り9割の人は未発見のまま放置されているのです。

 

  では、なぜ自分が緑内障であることに気付かないのでしょうか?

脳がイメージして補っている?

   「緑内障」の初期の段階では、視野の欠損が小さい場合は、脳がその部分をイメージして

   補ってくれるのです。

   つまり眼ではなく、脳が見ている状態なのです。

   また、進行して左右どちらかの視野が欠けていても、両目で見ると欠損をカバーし合って

   正常に見えるのでなかなか気が付かないというわけです。

   さらに、老眼が始まる時期と重なったりすることも発見が遅れる原因となっているようです。


自覚症状のチェック法

自覚症状のないことが問題となりますが、多数の方からの情報により、

「緑内障」の自己チェックシートを作成しましたので、実行してみてください。

 

   頭をこつんこつんと、よくぶつける人。

   歩いていて、よく人とぶつかる人。

   昼間なのに、部屋が暗いと感じる人。

   祖父母、両親、兄弟姉妹が緑内障である人。

   眼の奥が痛く、片頭痛の持病がある人。

   40歳以上である人。

   近視(強度近視も含む)である人。

□  血行が悪いと感じる人(高脂血症など)

 チェックが3個以上ある方は、速やかに眼科の診察を受けてください。

 

  ○ 進行した場合の自覚症状

□  くるまの運転がしづらくなった。

□  新聞や本が読みづらくなった。

□  文字が書きづらくなった。

□  部屋に入るとき、ドアやふすまに腕や肩をよくぶつけるようになった。

  上記のような症状が現れてきたときは、緑内障がかなり進んだ状態です。

  そうなる前に早めに眼科を受診してください。

早期に発見、ブレーキ治療して、病気の進行を止めないと、ついには失明に至ります。実際、緑内障は失明の原因の第一位であり、油断できない病気なのです。

早期に発見、治療をして病気の進行を止めないと、ついには失明に至ります。

眼圧を下げるサポート機能のある、サプリメントを活用しましょう!

眼圧を下げるサポート機能として、サプリメントを積極的に活用しましょう!


  緑内障の原因は網膜の血流の滞り!?

緑内障の発病の原因として、房水の排出は網膜の血管を通して行われるため、この網膜の

血流の滞りが深く関わっていると考えられます。

 

眼科で「緑内障」と診断されたとき、その眼科医からすぐに近くの内科(循環器系)に行って、

血液検査などを受診するようにと、紹介状まで書いて渡され勧められたという例がたくさんあります。

このことからもわかるように、「緑内障」の原因は血流の滞り、つまり血行不良であるということです。

そこで、緑内障の進行を食い止めるためには、網膜の血流アップがたいへん重要になって

 きます。

 

●「イチョウ葉エキス」の血流改善作用

 網膜の血流を促す方法として、「イチョウ葉エキス」の主成分であるフラボノイド

血流改善作用が役立ちます。

「イチョウ葉エキス」には、血圧を安定させる作用や、脳内の血流を改善させ、認知症の

改善作用といった、さまざまな血流改善作用がありますが、それらと同じように眼球の周囲に

血液を送る血管が拡張し、滞りがちだった眼の血流が大幅に増えてきます。

そうすると、眼球周囲に酸素と栄養素が多量にゆきわたるため、老廃物の排出も活発に

なります。

その結果、房水の流れが良くなって、高かった眼圧も調節されて、その人に合った数値に

バランスよく調整して安定させるというわけです。

 

 「 緑内障」は難治病で完治しない

ただし、眼圧が下がったからと言って、眼科での定期的な診察と毎日の点眼薬、そして「イチョウ

葉エキス」の摂取は、そのまま継続していかなければなりません

緑内障は難治病といわれ、一度障害された視神経を回復させて完治することはありません、

常に進行している状態ですから毎日継続して飲み続けないと、再び眼圧が上昇して、緑内障

が進行する可能性が十分あるからです。

進行を食い止めるために、点眼薬と、「イチョウ葉エキス」の摂取とは、共に継続させていかなければ

なりません。


写真をクリックしてください。「イチョウ葉ブレインJ」の詳しいサイトへ進めます。

 

 数々の臨床試験において、次のようなイチョウ葉エキスのさまざまな有効性が

期待されることが報告されています。

  • 認知症の改善
  • 記憶力の改善
  • 脳機能障害の改善
  • 脳内血流の改善
  • 末梢循環障害の改善
  • 正常眼圧緑内障(NTG)の眼圧の改善

イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドには、眼球の眼圧を正常に戻す効果が期待される

成分が含まれています。

1日120mgのイチョウ葉エキスを8週間摂取したところ、眼圧の低下が認められた

   実験をきっかけに、緑内障にイチョウ葉サプリメントが使われるようになりました。

  写真をクリックしてください。「イチョウ葉ブレイン」の詳しいページへ進めます。 

ここをクリックして、イチョウ葉ブレインJの詳しい説明サイトへ進めます。
ここをクリックして、イチョウ葉ブレインJのご注文の申し込みをしてください。

緑内障の方の体験談や、感想を掲載しています。

緑内障に関しての、お客様の声


K・Ⅿ 様 男性 57歳 自営業

 7年前に、左目が緑内障と診断されました。

 毎日の点眼薬と2か月ごとの診察を受けていました。

 初めて眼圧を計ったときは、眼圧の数値は右目19mmHg、左目18mmHgでした。

低い時でも17くらい。それ以下に眼圧が下がることはありませんでした。

 ところが、イチョウ葉エキスを飲み始めて3か月くらいから、右目14、左目13、そしてその

2か月後の診察では、右目9、左目8と、なんと一ケタになっていました。

眼底検査も視野検査も問題ないということで、眼科の先生もびっくりしておられました。

でも良くなったとは言われないで、「進行を遅らせることができていますね。」と、言われました。

 サプリメントは他に何も飲んでいないので、これは明らかにイチョウ葉エキスのおかげだと実感しています。

 

Ⅿ・H 様 男性 53歳 大学職員

 50歳になった記念にと思い、全身の健康診断を受けた時、左目が緑内障との診断をされました。

 上の姉の話で、「じいちゃんが亡くなる前は、目が見えなくなっていたよ。

あおそこひと云う病気だったそうでね。」と教えてくれましたが、幼い時で覚えていないけれど、

遺伝性はないにしろ、祖父や身内と同じ病気になるということはよくあることと思います。

 自分も祖父と同じように、目が見えなくなるのではないかと、たいへん不安に感じていました。

 インターネットで、緑内障はまず眼圧を下げることが大事とあり、イチョウ葉エキスがバランスよく

眼圧を下げるとの記事がありましたので、注文しました。

 飲み出してから、2年ほど経ちます。眼圧の数値は、イチョウ葉エキスを飲む前は、17mmHg

くらいでしたが今は両目とも8mmHgです。

 進行しないように、これからもずっと飲み続けたいと思っています。   

 

S・T 様 男性 55歳 建築業

 10年も前に左目が緑内障と言われたんです。

自覚症状もないし、忙しかった事などあり、そのまま3年くらい眼科に行かなかったんです。

 県外に出張中に眼に血豆みたいな赤い点がべったり付いてたもので、あわてて近くの眼科に行ったんです。

そしたらその血は何でもないけど、「あなたの左目は緑内障ですよ。すぐに治療しなさい。」と言われました。

 前の眼科に行ったら、先生から怒られましたねえ。

 「重く受け止めて、真剣に治療しないと失明しますよ。」と言われました。

 それからはずっと目薬と2・3か月ごとの診察を続けていました。

 でも眼圧がなかなか下がりませんでした。

  イチョウ葉エキスを飲み始めたのは、同業者の集まりで、正月のゴルフコンペのゴルフ場の入浴場で、

緑内障の話になって、「イチョウ葉エキスが眼圧を下げる効果があるよ。」とか「どこかのだれだれさんが、

緑内障で眼圧が高かったけど、イチョウ葉エキスを1年くらい飲んでて、眼圧がとても下がって喜んでる。」

とかの話を聞きました。

 それで、2年くらい前に、インターネット通販で申し込んで、飲み始めたんです。

 15mmHgくらいだった眼圧値データは、今は8とか7まで下がっています。

  

T・S 様 女性 51歳 団体職員

 めがねの度数が合わなくなってきたので、眼科に行きましたら、「左目が正常眼圧緑内障です。」

と言われました。

 「治療法はありません。点眼薬で眼圧を下げて、視野が欠けるスピードをゆるやかにして進行を

遅らせる方法はあります。しかし、薬で眼圧が下がらないときは外科的治療をします。」と、

先生から言われました。そして定期的な診察と眼圧を下げる点眼薬を毎日欠かさないようにと言われました。

 亡くなった母も、また4歳上の姉も緑内障と聞いていましたので、「ああ、私にも来たのかしら。」と、

とても不安になりました。

母は、亡くなる前は視野が欠けてきて、私の顔が「見えない」と言っていたのを思い出して、

涙が止まりませんでした。

姉に電話すると、「イチョウ葉エキスを飲みなさい。眼圧が下がって緑内障の進行を遅らせる

ことができるのよ。」と、とても弾んだ声で強く言われました。

眼科の先生が、「視野が欠けるときは鼻側から欠けてきます。一度欠けたら元には戻りません。」

とも言われました。

そういえば、白い壁や青い空に向かって、右目を閉じて、左目だけをパチパチと瞬きを何回もすると、

鼻の近くに黒っぽいぼんやりとしたドーナツの欠けたようなものがたくさん見えていたんです。

でもイチョウ葉エキスを飲み出して半年過ぎ頃から、その黒っぽいものが、少しづつだんだんと薄く

なってきて最近では消えてしまいました。

眼圧の数値も月日が経つにつれ、これもだんだんに下がってきました。

姉に報告すると、「良かったね。今度はあなたが緑内障で悩んでいる人に教えてあげる番よ。」と、

言ってくれました。

イチョウ葉エキスを飲み出して2年近くなりますが、おかげで眼の心配がなくなりました。

今ではたくさんのお友達に教えていますよ。

 

 

Ⅿ・S 様 女性 56歳 農業

 息子夫婦たちとハウス栽培で、野菜をつくっております。

私が「部屋が暗いねえ。」と言って、電気をつけようとすると、息子たちが「明るいのにつけなくていい。」

と言って、「母さん、眼が悪くなったんじゃあない。病院で一度みてもらったら?」と言いますので、

健康診断を受けるつもりで眼科で診てもらったんです。

そしたら眼科の先生から「左目が緑内障です。このままだといづれ失明するかもしれません。」

と言われました。

 「眼圧が高いので、下げる目薬を毎日お風呂に入る前に両目に一滴づつさしなさい。進行しないように

  遅らせる目薬です。それと2,3か月に一回受診に来なさい。」と言われました。

 失明するかもと聞いて、たいへんショックでした。

 息子が心配して、インターネットでいろいろ調べてくれましたら、やはりこのままだと目が見えなくなって、

  失明すると書いてあるとゆうことでした。

そして、「イチョウ葉エキスを飲んで眼圧を下げることで進行を食い止め、遅らせることができた人が

いる。」と書いてあるよと教えてくれました。

また「イチョウ葉エキス」は、ただ眼圧を下げるのではなく、その人に合った眼圧にバランス良く調整

してくれるとも書いてあったそうです。

その「イチョウ葉エキス」を息子が通販で取り寄せて、買ってくれたんです。

 せっかく息子が買ってくれたのですから、毎日しっかり3粒づつ飲みました。

 飲み出して、7,8か月ほどしたころ、眼圧の数値が一ケタの9mmHgになっていました。

  前は15mmHgくらいだったんです。

 眼科の先生も「進行を遅らせることができていますね。このままであれば大丈夫です。」と言われました。

 以前のように部屋が暗いと感じることもなくなりました。

 60歳、70歳になっても働きたいと思っていますので、これからもずっと「イチョウ葉エキス」を

  飲み続けたいと思っています。


Ⅿ・O 様 女性 54歳 農業

数年前から、よく頭をぶつけよったんです。

軽トラの乗り降りのときとか、慣れてるはずの台所の壁とかにごつんと。

それと部屋に入るとき、ふすまを広く開けたつもりなのに、肩やら腕をぶつけよったんです。

家族からも笑われていました。

農協婦人部の旅行会のとき、そんな話をしていたら、70歳代のお母さんから、「それは、緑内障かも

しれない。すぐに眼科で診てもらった方が良い。」と言われました。

まさかと思いましたが、半信半疑で眼科に行きました。

そしたら眼科の先生から「両目とも緑内障です。」「視野狭窄があります。」と言われました。

「進行を遅らせる目薬を毎日点眼することと、定期的に診察に来なさい」と言われました。

初めて聞く言葉ばかりでよくわからず、もうびっくりするやら情けないやらで、食事ものどに通らない

くらいショックでした。

娘がスマホのインターネットで、緑内障のことを調べてくれまして、「視野狭窄」や「視野欠損」で

進行すると失明してしまう病気だと、そして一度障害された視神経は治らない病気だと教えてくれました。

そして、眼圧を下げて進行を遅らせることができるとのことでした。

それには、「イチョウ葉エキス」というサプリメントを毎日飲むと良いと教えてくれまして、その

「イチョウ葉エキス」を通販で取り寄せてくれたんです。

飲み始めて、一年ほど経ちます。

眼圧の数値は、飲む前は18mmHgだったのが、いまでは12mmHgに下がっています。

毎日の点眼と眼科への検診もおこたらず行って、そして「イチョウ葉エキス」をこれからもずっと

飲み続けたいと思っております。よろしくお願いします。

              ※「お客様サポートセンター」に寄せられた、お客様個人の感想です。

                効能効果を表すものではありません。


血流アップして、緑内障の予防に期待される、その他のサプリ食品。

イチョウ葉エキスの他にも、網膜の血流アップを、促進するサポートを期待できるとして、次のようなサプリ食品があります。

ルテインダブルサポートi(アイ):   

     ルテインは、ほうれん草やレタス、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれるカロテノイド色素の栄養成分です。

          もともと眼の角膜、水晶体、黄はん部に存在し、活性酸素から目を守っています。

          緑内障のほかにも、白内障、飛蚊症、黄斑変性症などにもサポートが期待できます。

     アスタキサンチンは、サケ、エビ、カニや海藻に含まれるカロテノイド色素で、天然由来の抗酸化成分です。

          血管の掃除屋さんと呼ばれる、あのビタミンEの1000倍もの抗酸化力があります。

          ひとの脳や目には、有害物質を通さないようにガードする関所(血液脳関門・血液網膜関門)が存在します。

          生命を守るための、保護バリアですが、

          ルテインとアスタキサンチンは、このバリアを通過でき、脳や網膜の奥まで届きます。

     カシスは、濃い青紫色の果実で、吸収性に優れた4種類のアントシアニンが含まれています。中でも独特の

          カシスアントシアニンという抗酸化物質が含まれています。

          ※詳しくはこちらへ。「ルテインダブルサポートi」    

黒酢にんにく:    必須ミネラルと必須アミノ酸を効率良く補給して、網膜の血流改善をサポートします。

          ※黒酢について詳しくはこちらへ。「黒酢大蒜くろずにんにく」



○ 年中無休で対応

お客様のご注文への対応は、

一年  三百六十五日

一日  二十四時間

年中無休にて、いつでも

ご注文承っております。


○ お申し込みは

お申し込みは

ご注文方法を、クリック。 

日本全国送料無料!  

○ お支払い方法は

 郵便振込・コンビ二払い

    (振り込み手数料も無料!)

 代金引換え払い

    (代引手数料も無料!) 

 クレジットカード払い

   返品・交換も受け付けます。




    ○ 「人気商品のご案内」の ページへお進みください。

        サイトページはこちらへ。


○  お客様サポートセンターのご案内

お客様の製品に関するご質問や、

お体の症状に」ついてのご相談に応じる

ための、お客様サポートセンターを開設

いたしております。

         サイトページはこちらへ。

 


○ お問い合わせ

ご不明な点、疑問点などございましら、

ご遠慮なくお客様サポートセンター

お申し付けくださいませ。

         サイトページはこちらへ。


薬剤師さんからの一言

生活習慣病について

「生活習慣病」を予防するには、

毎日の生活において、飲酒・喫煙を控え、減塩等の食事療法や、ストレスを減らすといった生活上の努力をしてください。

 自覚症状が何ら、ないまま 進行して行くといわれているのが「生活習慣病」です。

 

気付いた時には、手遅れの状態だったりします。では、病気をいち早く発見するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

 ひとつには、「健康診断」を受けることです。

 定期的に、しかも健康な時に。

血圧、血糖値、コレステロール値、尿酸値などの検査結果は、 「検査値」として、数字で表されるので簡単にチェックできます。基準値を超えていれば、自分がどのような「生活習慣病」に なっているか、あるいはその予備軍なのかがわかります。

 

 狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気にならないために、今の自分の病気をよく理解し、今後はその治療なり改善策を取ることができるというわけです。

 基準値を超えていたら、かかりつけの病院や、くすりやさんに相談しましょう。

[生活習慣病の対策サイト」

 

牡蠣エキスDXのサイトはこちらへ。

黒酢大蒜くろずにんにくのサイトはこちらへ。

麹肥減DXのサイトはこちらへ。


セルフメディケーションとは

  国民皆保険という制度は、もちろんよくご存知でしょうが、この国民皆保険制度が破綻の危機にあるのをご存知でしょうか。厚生労働省がセルフメディケーションを提唱しているのも

この制度を維持継続させるためなのです。

セルフメディケーションとは、

 自分の健康は自分で守る。軽い病気は自分で緩和や予防するということす。

自分で自分の健康を管理するためは、

食事  ・・バランスのとれた食事で十分な栄養を摂る

運動  ・・日頃から体を動かして、

       体力づくり

睡眠  ・・十分な睡眠をとり、体と心を

       休める

治療  ・・ちょっとした病気は、くすり やさんに相談して一般用医薬品を使って、自分で手当てする

 

 医療保険制度を維持するためにもセルフメディケーションの実践がいまや必要なのです。

 


震災へのお見舞い

  東日本大震災からすでに6年。

 あらためて亡くなられた方々へ哀悼の意を捧げますとともに、

 被害にあわれた皆様に心より お見舞い申し上げます。

 被災地の一日も早い復興を お祈りいたします。

 

 熊本・大分地震から間もなく1年。

 被害にあわれた皆様に心より お見舞い申し上げます。

 被災地の一日も早い復興を お祈りいたします。

 


「ピンクリボン運動」

 「土屋薬品メディオスネット」は、乳がん早期発見の大切さをひろげる  「ピンクリボン運動」を応援しています。


「ロコモ」の予防啓発、啓蒙活動

「土屋薬品メディオスネット」は

ロコモティブシンドロームの予防活動を応援しています。

 運動器の病気や障害により、寝たきりや要介護を引き起こすロコモティブシンドローム。

 日本整形外科学会の提唱に賛同し、「ロコモ」の予防啓発、啓蒙活動を応援しています。

                                                                                     「ロコモ」対策について 、詳しいサイトページは、こちら



コメント掲載について

※ ご覧の方へのご注意

当サイトに掲載の体験談・コメント・イメージ図・画像は、各お客様の主観に基づくものであり、弊社ではその正確性を保証するものではございません。

ご覧の方の自己責任においてご利用ください。

お送りいただきました体験談・コメント・イメージ図・画像は、メディオスネット通販運営会社にて審査の上、15営業日ぐらいを目安に掲載させていただいております。

なお、当該コメントは弊社関連サービスの該当ページにも表示される場合があります。

また、中傷(根拠のない悪口など)やクレームを目的としたもの、伝聞によるもの、法律・法令・公序良俗に反するものなど、弊社で不適切と判断したものについては掲載を見合わせるか、または削除される場合がございますので、予めご了承ください。

 

※ 医療機関の方へ

掲載サイト欄は、コメント発信者に発信の場を提供するもので、弊社の見解を表明するものではありません。

掲載について、社会通念上好ましくないと思われる特定の言葉や表現のフィルタリングは行いますが、内容の真偽は弊社では判断いたしかねます。

本掲載サイトは、各お客様の主観に基づくものであり、弊社ではその正確性を保証するものではありません。

当該医療機関の方で、本サイトに関するご意見・感想・コメントなどある場合は、Webサイトの「お客様サポートセンター」にある入力フォームより投稿

いただきますよう、お願いいたします。

投稿いただきましたコメントは、メディオスネット通販運営会社にて審査の上、10営業日位を目安に掲載させていただいています。(掲載・ご回答等を

お約束するものではありません。)

コメントの削除交渉を代行し、対価を要求してくる業者があるようですが、それらの業者と弊社とは一切関係がございません。

 

※ 掲載している情報についてのご注意

掲載している各種情報は、土屋薬品メディオスネット通販事業部が調査した情報を元に掲載しています。

出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

当サービスによって生じた損害について、弊社ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

情報に誤りがある場合には、御手数ですがWebサイト「お客様サポートセンター」のお問い合わせフォームからメールにてご連絡をいただきますよう

お願いいたします。