「特集」認知症にならないために、今できること

平成25年6月1日読売新聞。認知症高齢者462万人、軽度認知障害(MCI)は400万人と発表されました。

世界で一番、認知症患者の多い国は?

 

日本        462万人

アメリカ      170万人

フランス      85万人

アフリカ地域    80万人

イギリス      70万人

オランダ      25万人

(出典:厚生労働相研究班 全国大規模研究2012年度版)

 

この数字の中で、日本だけがダントツで患者数が多いことがよくわかります。

また認知症の発症する前の段階「軽度認知障害(MCI)」、いわゆる認知症予備軍とみられる

400万人までも合わせると、800万人にも達すると発表されています。

なぜ、日本だけが認知症患者が多いの?

その理由のひとつは、人口の高齢化です。

日本は、今まさに高齢化社会です。

戦後のベビーブームで生まれた人たちのことを、「団塊の世代」と言います。

その方々が65歳以上になられて、日本の全人口の25%を占めるようになりました。

65歳以上が約3千万人として、その内800万人が発症または、近い将来発症するとみれば、4分の1すなわち、

4人に一人が認知症ということになります。

また85歳以上では、25人に一人が発症するという報告があります。

認知症って、どんな病気?

なぜ「認知症」というの?

認知機能に障害がある症状」を認知症(にんちしょう)といいます。 病気などが原因で脳の細胞が死んだり、働きが悪くなったりして記憶障害 などが起こり、生活に支障が出ている状態を指します。

 

「認知機能に障害がある症状」を、認知症(にんちしょう)といいます。

病気などが原因で、脳の細胞が死んだり、働きが悪くなったりして記憶障害などが起こり、生活に支障が出ている状態を指します。

 

かつては、「痴呆症(ちほうしょう)」と呼ばれていましたが、厚生労働相の医学用語検討会により2004年「認知症」に名称変更がなされました。

 

痴呆という言葉が、「あほう」「ばか」「おろかもの」といった侮蔑的な表現であり、患者本人にとって誤解や偏見といった、なんらいわれのない差別を受けるべきものではない、まただれにでも起こり得る病気であるということから、問題提起がなされ検討された結果、 「認知症」という名称になりました。

 

 

「認知症」には3つの種類があります。

⦿アルツハイマー型認知症

     脳内に、アミロイドβタンパクという老人斑などの成分が蓄積され、それによって病変が生じて、

     脳機能が低下する病気です。

     15年から25年といった長い年月をかけて、ゆっくりと進行してゆくのが特徴の認知症です。

     認知症を引き起こす病気の、約6割を占めています。

 

⦿レビー小体型認知症

     レビー小体という異常な構造体が、神経細胞内にできる病気です。

     体中を小さい虫が這っているとか、部屋の中に子供がいるなどの、幻覚や幻視が現れるのが特徴

     の認知症です。

 

⦿脳血管性認知症

     脳梗塞や脳出血などにより脳の血管に障害が生じ、神経細胞の死滅により認知症が発生します。

     症状はその障害部位によって異なります。

 

     ●アルツハイマー型認知症と、血管性認知症が同時に発症する合併症もあります。

 

 

認知症の原因
アルツハイマー病とは、大脳皮質に出減する病理変化で、アミロイドβタンパクが蓄積することで神経細胞の死滅により、脳が萎縮して起こります。

「なってもらいたくない親の病気」のトップが、「認知症」です!

若い人へのアンケート調査で、「なってもらいたくない親の病気」で、 「認知症」がトップとなりました。

 

若い人へのアンケート調査で、

「なってもらいたくない親の病気は?」で、

「認知症」がトップとなりました。

少し前まではガンがトップで、次が「寝たきり」でした。

● 高速道路の入り口を間違えて逆走! 

● 徘徊で踏切で立ち往生して電車を止める!

● アクセルとブレーキを踏み間違えて急発進!死傷者が! 

などと、TVで毎日のように「認知症」の事件や、事故の

ニュースを見聞きするなど、社会問題となり関心が高くなって

いるためでしょう。

しかし、なってもらいたくないと言っても、誰がなってもおかしくない病気が「認知症」です。

  本人はもちろんですが、家族みんなに迷惑をかけてしまう、深刻な状況となって

 いるのが、「認知症」の現状です。

親が「認知症」になったら、どうすればいいのでしょうか?

親が認知症になったら、どこの病院に行ったらよいのでしょうか?

父親が、あるいは母親が、「近頃どうもおかしい?」

「病院に行くほどでもないかもしれない?」

 

「一度、見せた方が良いかな。でもどこの病院に行ったらよいのかしら?」

総合病院には、「物忘れ外来」という科や、神経内科があります。その専門医と相談して治療を始めましょう。

総合病院には、「物忘れ外来」という科や、神経内科があります。

出来るだけ早く、専門医に診てもらうのがベストですが、大きな病院が近くにないなど、専門家に診てもらうのが難しい場合は、

まずは近くの開業医といった、かかりつけの内科に相談しましょう。

そこで専門医のいる総合病院を紹介してもらえます。

 

認知症の治療のスタートの第一歩は、専門医による正しい診断から

始まります。

そしてその専門医と相談して治療を始めましょう。

各種サービスの活用プランを立ててくれる専門の「ケアマネージャー」がいます。 そういったサービスを活用することで、家族の負担も軽減されます。
ケアマネジャーに、まずは相談しましょう。

認知症がもっと進行して、介助が必要となったらどうしようか?

施設に入院させるとなると、費用はどのくらいかかるのかしら?

このような不安や心配が家族に起きてくることとなりますが、すべてを家族だけで背負わないことです。

今は、介護保険のサービスが充実しています。

各種サービスの活用プランを立ててくれる専門の「ケアマネージャー」がいます。

そういったサービスを活用することで、家族の負担も軽減されます。

 

今や「認知症」は社会問題となっているため、行政も対策に乗り出しています。

公的なサービスも視野に入れて、まずは専門機関に相談しましょう。

認知症を治す薬はない!って、知っていましたか?

認知症は治らない病気!?

現在、現時点で「認知症」を根治する有効な治療薬はありません。 医療先進国といわれるドイツにも、また世界中どこにもいまだ開発されていません。

現在、現時点で「認知症」を根治させる、有効な治療

薬はありません。

医療先進国といわれるドイツにも、また世界中どこにも

いまだに開発されていません。

では現代の医療現場では「認知症」に、どのような治療

をされているのでしょうか?

 

認知症の治療には、薬を使用する「薬物療法」と、薬を

使わないで運動や音楽療法といった「非薬物療法」とを

併用します。

その「薬物療法」では、症状の進行にブレーキをかけ、

進行を12年遅らせるのが目的の治療薬を、医療現場では使用しているのが現状です。

「ミロスタゾール」という薬を処方される場合が多いようです。

この薬剤は、本来脳梗塞や動脈硬化に使用される薬ですが、認知症の進行を抑制する効果があるといわれて

います。

 

その他の主な認知症治療薬には、ドネぺジル、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンなどが処方さ

れます。

脳血管障害改善薬として、イブジラストなど。

脳代謝改善薬として、二セルゴリン、アマンタジンなどが治療に用いられます。

また、行動、心理状態に対して用いられる薬として、抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などが使い

分けられます。

 

しかし中等度(Ⅱ期)以上の「認知症」になったら、一度死んでしまった脳神経細胞(ニューロン)は元には

戻りません。

すなわち上記のような治療薬を用いたとしても、進行を遅らせる効果はあっても、完治することは望めません

つまり、もう治らない、元には戻れないということになり、施設に入院して、自立不可能な全介助(要介護

状態)となって、一生を送ることとなります。

 

 

5年以内に、認知症になる!?

軽度認知障害(MCI)の段階で治療や予防対策を始めれば、 中等度(Ⅱ期)、重度(Ⅲ期)への発症を食い止められる可能性があります。

「病気になったら病院に行けばいいんじゃない!」

「病気になったときに考えよう!」

などといった軽薄な考えを持っている人は、今すぐ

その考えを変えるべきです。

 

まだ何ともない時、あるいは認知症の一歩手前の

「軽度認知障害(MCI)」の段階で治療や予防を

めれば、脳機能が回復する可能性があるのです。

 

軽度認知障害(MCI)は脳機能がわずかに低下した

認知症予備軍です。

放置すると、5年以内に高い確率で認知症に進みます。

しかし、この段階で治療や予防対策を始めれば、

中等度(Ⅱ期)、重度(Ⅲ期)への発症を、食い止められる可能性があります。

                                       引用 読売新聞社

軽度認知障害(MCI)とは?

認知症には3つのステージがあります。

①初等度(Ⅰ期) ②中等度(Ⅱ期) ③重度(Ⅲ期)

①の初等度(Ⅰ期)の前の段階、正常でもなく、認知症でもない、その中間の状態を軽度認知障害(MCI)といいます。

本人や家族から、記憶力低下などの訴えがあることなどが基本となります。

1990年代後半に提唱され、2003年の国際会議で合意された新しい概念です。

 

次のことがすべて当てはまると、軽度認知障害(MCI)が疑われます。

●物忘れを自覚しており、家族も認めている

●日付や曜日がわからないなど認知機能の低下がある

●日常生活はできるが、献立を考えて料理する、一人で計画を立てて旅行に出かけるなど、複雑な日常動作が

 難しいことがある。

 


認知症を、予防することは可能ですか!?

認知症の前段階、軽度認知障害(MCI)のうちに、予防対策をとりましょう。

この軽度認知障害(MCI)のうちに、

何らかの予防対策をとっていれば、

数年後に正常な認知機能に回復した、という研究

報告もあります。

MCIは認知症の前段階、

このMCIのうちに対策を始めれば、

認知症の予防は可能です!

 

今すぐ認知症対策を始めましょう!

軽度認知障害(MCI)のうちに対策を始めれば、認知症は予防できます。

認知症にならないために、今できることは?

老後にボケない! 寝たきりや要介護にならない身体を作る!

そのためには何をしなければならないのか?

それは何ともない普段から生活習慣として、積極的にサプリメントを活用することです。

特に、軽度認知生涯(MCI)と言われた方は、すぐに始めましょう。

最近の医療現場においても、代替医療として医師がサプリメントを薦めています。

明日からと言わず、今すぐ始めましょう!


認知症の予防に効果をもたらすとして、人気の高いサプリメントのご紹介です。

認知症の予防に効果をもたらす、イチョウ葉ブレインJのご案内です。

「イチョウ葉エキス」は、その有用性が世界60か国で評価され、認知症の医療現場において治療目的で使用されており、また健康増進の目的でも使用され愛飲されています。

 

認知症の予防にサポートする、ルテインダブルサポートi(アイ)のサイトはこちらをご覧ください。

「ルテイン」は、眼の健康維持のために愛飲中の方が多いのですが、この「ルテイン」に、アルツハイマー病の赤血球の老化を防ぐ効果があると、新聞紙上で発表されて、認知症の予防や進行防止への効果が期待され、人気が高まっています。



認知症サプリ Q&A

 ご質問 :  

私の母は69歳です。いなかで一人暮らしをしています。

その母に、御社の「イチョウ葉ブレインJ」をネットで購入しまして、帰省の折に「認知症の予防に

なるよ」と言って、母に飲むようにと贈ってあげました。

3か月ほどして電話で、「飲んでる?なくなったら送るよ。」と聞いたら、「まだある。」と言いますので、

数か月してまた聞いたら、「まだある。」というのです。

帰省してその瓶を見ましたら、ほとんど残っていました。飲んでいないのです。

「なんで飲まないの?」と聞いても、「うん、うん。」というだけでした。

しつこく聞くと、「今は何ともないから飲んでないねえ。」というのです。

「何ともないときに飲むから予防になるんだよ。」と言い聞かせましたが、「はいはい。」と、上の空で

返事をするだけでした。

「認知症」にならないように、母に何とかして「イチョウ葉ブレイン」を飲ませたいのですが、どうしたら

飲んでくれるようになるのでしょうか?

飲ませる方法を教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。    

                             43歳 男性 会社員の方より。

 

 回答;

アンケート調査で、「なってもらいたくない親の病気は?」のトップに「認知症」が

あげられています。

少し前は、「ガン」がトップで、2番目が「寝たきり」でした。

お母様のために息子さんがよかれと思い、「認知症予防サプリ」の「イチョウ葉ブレイン」

を買ってあげられたのに、お母様の思わぬ抵抗に合い、息子さんの困惑の様子がよくわかります。

まずお母様がなぜ飲まないかを考えてみましょう。

お母様の年齢は「団塊世代」ですね。この世代はとても辛抱強くて、我慢強い方が多いのです。

欲しくても物のない時代に生まれ育っていますから、我慢することが美徳とさえ思われています。

まして、お母様のご両親は戦前、戦時中の「倹約は美徳。 欲しがりません 勝つまでは! 贅沢は敵だ!」

といった教育を受けておられます。

そのようなご両親に育てられたお母様ですから、辛抱強く我慢強いのです。

例えば、真夏に高齢者が自宅で「熱中症」になって、救急車で搬送されるというニュースをよく聞きます。

これも「一人でクーラーなんてもったいない」と、我慢するからです。

「何ともない」  →「何ともないから必要ない」  →「必要ないのに飲むのは無駄で、贅沢。」

 →「贅沢なことはできない」  →「だから飲まない。」

お母様の飲まれない理由が、この辺にあるようですね。

また、飲み続けると、金銭的に息子さんに負担をかけるのが、心苦しかったのでしょう。

息子さんに気遣いをされるお母様の、やさしい心がうかがえます。

でも、何ともない時に飲むから予防になります。

厚生労働相も、「認知症」は早期発見と予防が大切と、盛んにキャンペーン(啓もう活動)を行っています。

早めにお母様に飲んでもらうようにしなければなりません。

「ルテインダブルサポートi」を飲ませてください。

お母様の世代のほとんどの方は、眼の悩みを持っておられます。

「老眼」はもとより、「白内障」「緑内障」「加齢黄斑変性症」「飛蚊症」などの、眼の病気です。

病気でなくても、「視力が落ちた、まぶしい、疲れ目、ドライアイや、眼の奥が痛い、頭痛までしてくる、

目薬をいつもさしている」などといった、何らかの眼の悩みをかならずお持ちです。

「眼の健康維持に良いそうだから飲んでみたら。」と言って、「ルテイン」を勧めてください。

お母様も眼の健康のためなら、飲んで見たいと思われます。

「ルテイン」は眼の健康と同時に、「認知症」の発症や進行を予防できる可能性があるとして、

シニア世代に人気が高く、期待されています。 

さらに、脳内サポート成分が追加配合されていますから、この「ルテインダブルサポートi」1本で、

瞳と脳をダブルでサポートします。

経済的ですから、お母様も安心して継続して飲まれることと思います。