「特集」飛蚊症で悩んでいる方への、ページタイトル。

「特集」 飛蚊症で悩んでいる方へ

飛蚊症とは?

 INDEX

○ 飛蚊症の症状とは? 黒い点々が、、、。

○ 飛蚊症の原因とは?

○ 飛蚊症の種類は? 生理的飛蚊症など。

○ 飛蚊症を改善するには?

○ 生理的飛蚊症、危険なサイン!

○ 急に、増えた飛蚊症の対処法は?

○ 飛蚊症と片頭痛。

○ 飛蚊症と高血圧、危険なサイン!

○ 飛蚊症と糖尿病、危険なサイン!

○ 飛蚊症と糖尿病網膜症(眼底出血)。

○ 飛蚊症サプリメントの、ルテイン・黒カシス・ビルベリー。


   「目には蚊を 耳には蝉を 飼っている」  (詠人不知 )

この句は、ある放送局のラジオ番組に、リスナーより投句され発表された川柳です。

 「飛蚊症」「耳鳴り」に悩まされている人たちの日常を、さりげなくもおもしろく、

 また悲しさやせつない悩みも、見事に表現されている秀作の川柳です。         

                   (※九州朝日放送KBCラジオ「栗田善成の艶だし川柳」より引用。)

 このように、私たちが日々悩まされている「飛蚊症」とは、一体何なのでしょうか?

  重大な眼の病気の前触れなのでしょうか?

  失明する事態への前兆なのでしょうか?

  そのような事態にならなければよいのですが、、、。

飛蚊症とは、どんな病気?

私たちが、毎日悩まされている飛蚊症とは、一体何なのでしょうか?

○飛蚊症の症状とは?

  青い空、白い壁、白い紙などを見つめたとき、目の前に黒い点のようなもの、

  髪の毛のようなもの、眼の中に虫が飛んでいるような、または水玉のようなものが

  動いているのに気付くことがあります。

  明るいものをバックにしたときだけに見えるもので、それ以外はわからない。

  それは視線を動かすと一緒についてくる。目になにかついているのかと思って目をこすって

  みても取れないし、めがねのよごれかと思ってよくふいても消えません。

 

  この状態を、医学的に「飛蚊症(ひぶんしょう)」といいます。

青い空、白い壁を見つめたとき、黒い点、髪の毛の様な物に気付くことがある。
眼の中に虫が飛んでいるような、水玉模様が見える。この状態を「飛蚊症」と言います。

○飛蚊症はなぜ起こるのでしょうか? その原因とは?

飛蚊症は、眼の中央の硝子体が加齢などで、変性、出血、炎症などが原因で起こります。

  目の中央は硝子体(しょうしたい)といって、どろどろした粘性の透明な液体がつまっています。

  この中に混濁ができると明るいものを見たとき、その混濁の影が目の底の網膜(カメラのフィルム

  のようなもの)に映り、飛蚊症として感じるのです。

 

  その硝子体混濁は、加齢(老化)などの硝子体の変性、出血、炎症などが原因で起こります。

 

 

○飛蚊症の種類

 ①硝子体剥離(しょうしたいはくり)

    飛蚊症の原因として最も多いのが、硝子体剥離です。

    硝子体の網膜は普通はぴったりとくっついています。

    年をとるとともに、次第に収縮して網膜からはがれます。

    その接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となります。

    この硝子体剥離自体は病気ではありません。

    髪が白髪になるのと同じように加齢による老化現象として起こり、治療の方法は有りません。

    無害で進行するものでもないので、放置しておいても良いといわれています。

 

  ②生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)

    病気ではなく飛蚊症を感じる場合を生理的飛蚊症といいます。

    胎生期(母体の中に居る時間)に消失すべき硝子体の中の組織がそのまま残って、飛蚊症と

    して感じるものです。

    この場合も①と同じく、程度も軽く進行はせず病気ではないので、放置しておいても良いと

    いわれています。

  

 ③硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)

    糖尿病や高血圧、外傷などにより眼底で出血が起こり、血液が硝子体の中に入ると突然、

    飛蚊症として感じます。

    目の前に赤いカーテンを引いたように感じる場合もあります。

    出血の量や部位によっては視力がいちじるしく低下します。

    場合によっては、外科的手術を必要とします。

    安静とともに、元の病気(糖尿病や、高血圧など)を治療することが必要です。

 

 ④ぶどう膜炎(ぶどうまくえん)

    ぶどう膜(上記図参照)に細菌やウイルスが混入し、眼のアレルギー反応により炎症が起こると、

    血管から白血球や滲出物が硝子体に入り込み、硝子体混濁が起こり飛蚊症と感じます。

    炎症がひどくなると「浮遊物」が増加し、視力がいちじるしく低下します。

    炎症を抑える治療が必要です。

 

   

生理的飛蚊症でも、危険なサイン?

異物が急に増えた!?

   以上のように、飛蚊症は病気ではない無害なものもありますが、

   ③と④のように、思いがけない病気が原因となっていることがあります。

 

   さらに飛蚊症の症状の変化には、何らかの危険なサインがあります。

    生理的飛蚊症でも、以下のような二つの症状・サインには気をつけてください。

 

     □ 見えていた異物「浮遊物」の数が急に増えた場合

         ひとつかふたつ程度見えていた異物「浮遊物」が急に、

         10~20個に増えて見えるようになった。

         あるいは、その異物「浮遊物」が数倍に大きくなったり、形が変わって見えた場合。

         また視力がいちじるしく低下した場合。

     □ 光が見えるようになった場合

         ピカピカ光って見える症状が出た場合。

    ※このような症状は、「網膜裂孔(もうまくれっこう)」が

    発生した可能性があります。

    「網膜裂孔」は「網膜剥離(もうまくはくり)」の前兆で、

    失明する危険性があります。

      速やかに眼科へ急行されて、早急に受診してください!

 

       間に合えば、その場でレーザー光線などによる手術を受けて、失明の危機を回避でき、

       完治する場合があります。


飛蚊症と糖尿病 危険なサイン!

糖尿病の方の「飛蚊症」は、糖尿病性網膜症のリスクが高くなります!

糖尿病の三大合併症の一つに挙げられるのが、糖尿病網膜症です。

いわゆる眼底出血で、失明に至る極めて危険な眼病です。

糖尿病を発症して、数年後に糖尿病網膜症は発症すると言われていますが、初期には自覚症状は

まったくと言ってよいほどありません。

飛蚊症は危険なサイン!

自覚症状を感じたときには、糖尿病網膜症がかなり進行していることになります。

その自覚症状の一つに、飛蚊症が現れます。

視野の中に出てくる異物は、黒い点ではなく、少し大きめの虫、または煙のもやのようなものが

現れてきます。

進行すると視野に赤い、あるいは黒いカーテンをひいたような状態になります。

さらに進行すると、硝子体出血、網膜剥離の前兆の網膜裂肛、そして網膜剥離となるリスクが

高くなります。

速やかに眼科にて受診してください。

 

※ ここで紹介している「糖尿病」とは、病院で診断された場合はもちろんですが、「糖尿病」ではと

疑いを持っているが病院には行っていない、または、定期検診で、血糖値が標準値より高く、判定D要再検査、

E要精密検査、F要治療との判定通知を受けたが、病院にはまだ行っていないという方なども含みます。

※ 内科などで、糖尿病との診断をされた方は、必ず眼科を受診してください。

上記のような自覚症状がなくても、受診されることをお勧めしています。


飛蚊症と高血圧症 危険なサイン!

高血圧症の方の「飛蚊症」は、眼底出血のリスクが高くなります!

 高血圧症の人に、急に「飛蚊症」の症状が現れたときは、「眼底出血」の前兆です。直ちに眼科での

 眼底検査の受診を受けてください。

 それとともに、血圧を測り、異常な高血圧の場合はすぐに血圧を下げる必要があります。

  高血圧症は、動脈硬化を引き起こし、そののち脳梗塞、心筋こうそくといった重大な事態を引き起こす

  リスクが高まります。


網膜が剥がれることを、網膜剥離(もうまくはくり)といいます。

出典: 参天製薬

○自分の飛蚊症を正しく診断してもらいましょう

定期検診だけでは、わかりません!

飛蚊症は、硝子体剥離のような無害のものがほとんどですが、網膜剥離の初期症状や、糖尿病網膜症のような

重症の病気の場合のこともありますので、その原因が生理的なものなのか、病気なのかを自分で判断せず、

是非一度くわしく専門医の診察を受けてください。

病気の早期発見には、「健康診診」を定期的に受けましょうと、当社ホームページでお知らせしていますが、

目の場合は、残念ながら視力検査程度で踏み込んだ検査はやってくれません。

 

 飛蚊症の症状に気がついたら、その原因が生理的なものか、眼の病気なのかを自分で判断せず、眼科で適切な

検査を受けましょう。

また他の目の病気が発見される場合もあります。

 

 ○このような例がありますので、ご紹介しましょう。

Mさん(女性 52歳)は、「飛蚊症」という名前も知らず、目の中に黒いものが見え出したので気に

なって眼科へ行きましたが、飛蚊症そのものは生理的飛蚊症で問題はなく、そのまま放置しておいても

よいといわれましたが、左眼が「緑内障」と診断されたそうです。

 緑内障とはだんだんと視野が狭くなって欠けて行き、結果失明するという恐ろしい眼の病気です。

 Mさんの場合、幸い初期の症状で進行を遅らせる目薬をさすことと、月に一度の検診で済んだそうです。

 


○「飛蚊症」を改善するには?

 眼科の先生に診てもらって、自分の飛蚊症は生理的飛蚊症と、診断してもらったけれど、そして、

 「治療法はありません、放置しておいても、慣れれば大丈夫」と言われたけれど、、、。だけど、、、。

 新聞を読んでいても、

 テレビを見ていても、

 映画を観ていても、楽しめない、

 とにかく気になる。

 じゃまになる、

 なんとかならないのか、、、。

 

 このように飛蚊症で悩んでいる方は、どうすればよいのでしょうか?

 

   ☆「飛蚊症に有効なサプリメントを、積極的に活用しましょう!」 

 

 「視界スッキリ」を取り戻すための、飛蚊症サプリメントは?

 下記の名前を聞いたことがありませんか?

 

     ブルーベリー  ビルベリー  ルテイン  アスタキサンチン 

     カシス  メグスリノキ  アントシアニン  アサイー

      ヒアルロン酸  ビタミンA  ポリフェノール

 

 あ!? これは見た事がある、聞いたことがあると思われた方、たくさんいらっしゃるでしょう。

 そうです。テレビCMでも、新聞、雑誌の広告欄などでも毎日のように見かけたことが

 ございますでしょう。

 これらの栄養素やビタミン等が、「視界スッキリ」を取り戻すことに有効であることが、研究データ

 により分かっています。

 

 サプリメント業界では、長年研究、開発を続けており、満足いただける製品を、たくさん市場に

 送り出しています。

 特に「ルテインとカシス」がおすすめで、「飛蚊症にはルテインとカシス」が、定着しているようです。 

 ご使用されたお客様からの、お礼状、感謝のお言葉、メールなどたくさん届いています。

 それらがまた、良い製品をつくるための励みにもなつているのです。

 

飛蚊症サプリメントの、ルテイン・カシス・ビルベリー

マリーゴールドから抽出
マリーゴールドから抽出

 ルテインとは、緑黄色野菜に含まれるカロテノイド(色素成分)の一種です。

 もともと眼の角膜、水晶体、黄斑部分に多く存在し、まるでサングラスのように、紫外線ダメージやブルーライトハザード(青色光をカットして活性酸素から、眼を守っています。 ただし、

加齢に伴い減少するので、外からの補給が必要です。

人間の脳や目には、有害物質を通さないようにガードする関所

「血液脳関門」と、

「血液網膜関門」が存在します。

ルテインはその関所を通ることができる数少ない成分です。

 「マリーゴールド」とは、聖母マリアの黄金の花という意味があります。

 

 カシスの実は、特別なアントシアニンを含みます。

カシスは、「黒房すぐり」「黒すぐり」「黒カシス」ともいって、黒に近い濃紫色をしており、

カシス特有の吸収性に優れた4種類の「カシスアントシアニン」を含んでいます。

中でも、高い抗酸化力をもつ「デルフィニジン」を豊富に含むとして、注目されています。

毛様体筋の緊張を緩和する働きがあり、ピントフリーズ現象を改善すると言われています。

カシスも、ルテインと同じく「血液網膜関門」を通過できる成分です。

 

 

 

 


飛蚊症サプリメントで、視界スッキリを取り戻したい!

視界スッキリを取り戻したい!

「視界スッキリ」を取り戻すためには、

視界スッキリを取り戻すためには、ルテインダブルサポートiをお試しください。
「視界スッキリ」を取り戻すために、「ルテインダブルサポートアイ」を積極的に活用しましょう。

「視界スッキリ」を取り戻すためには、飛蚊症サプリメントの「ルテインとカシス」です。

「ルテイン」を16mgも高配合!   

 飛蚊症サプリメントを積極的に活用して、     

「ルテイン」のパワーにサポートしてもらいましょう。

 

 写真をクリックしてください。商品の詳しいページへ進めます。

実際に使用された方からの高い評価を得ており、人気のある商品です。  真の実感を体験していただけます!

ここをクリックしてください。ルテインダブルサポートi(アイ)の詳しいサイトへ進めます。
ここをクリックしてください。「閃輝暗点」の詳しい説明サイトへ進めます。

○お客様の声

Y・T様 64歳 男性 自営業

  飛蚊症を感じるようになって、もう20年くらい経ちます。

  「治療法はないです」と、お医者さんから言われてましたので、あきらめていたんですが、

  60歳になって、還暦を迎えることとなった記念にと思い、それと修学旅行で、富士山を遠く

  から見たときの感動が忘れられず、いつか必ず富士山に登ってみたいという夢を叶えるため、

  富士登山に行って来たんです。

  夢が叶って良い記念にはなりましたが、でも心底楽しめなかったんですね。

  それはやはり、飛蚊症のせいだったんです。富士山の真っ白いきれいな雪化粧が、黒い点々

  でじゃまされるんです。

  周りの景色を見てもやはり同じです。せっかく来たのに感動も半減してしまいました。

  そこで、前に飛蚊症に良いサプリメントが有ると聞いたことがあったので、息子にインター

  ネットで調べてもらって注文して送ってもらい、飲み始めたんです。

  2・3ヶ月はなんの変化もなかったんですが、半年ちかく経った頃からですか、まったく黒い

  点々の事など、1日中忘れてる事が有るんですね。

  まだ少しは残ってますが、昔に比べればたいへんな違いです。

  また近いうちに富士登山に挑戦して、スッキリした視界で、「富士山をもう一度見てみたい」

  と思っております。

  これからも毎日「ルテインダブルサポートi」を、飲み続けたいと思っています。

   ※ 「お客様サポートセンター」に寄せられたお客様の個人の感想です。効能効果を表したものではありません。