キャッツクロー 開発と研究の歴史

神秘の国、南米ペルーにおけるキャッツクローの開発と、研究の歴史を解説。

○ キャッツクローとは

キャッツクローとは、中南米のペルーの原住民、アシャニンカ族(インカ帝国の時代からの先住民族)に古来より、「体を守る植物」として利用されている、アマゾンなど熱帯雨林に生育するアカネ科の植物です。

 名前は葉の下の枝の一部からとがって曲がっているトゲの形が、猫の爪に似ていることに由来しています。

  学名:「ウンカリア・トメントサ」(日本ではカギカズラがこれに類する。)

1991年  ペルーの植物学者により、キャッツクローには、天然の抗炎症剤が含まれていることを、学会で

 発表されたことにより、関節炎症治療薬としての薬効が証明されました。

 

1993年  ヨーロッパでHIV(エイズ)陽性患者に、キャッツクローの根の抽出物を投与したところ、

 免疫細胞のT細胞が増加したという報告がされました。

 この結果から、エイズ患者の延命に役立つかもしれないという期待がかかっています。それ以降欧米では、

 免疫力をアップするサプリメントとして、ガン患者やエイズ患者が利用されています。

 

1994年5月  国連のWHO(世界保健機関)主催の国際会議において、キャッツクローがWHO認定薬用

 植物、メディカルハーブ(病気の治療・予防などの目的に使われるハーブ)として、公式に認定 されました。

 

 1996年2月  「キャッツクロー」が WHO(世界保健機関)に、認定されたことにより、世界中から

 需要が広まり、その後一大ブームが起こりました。

 しかし盛んに伐採され乱獲へとつながってしまい、品不足となり絶滅の危機に瀕してしまいました。

 そこで当時のフジモリ大統領が乱獲を規制し、輸出業者を選定するなどの、「キャッツクロー保護法」を

 制定させました。そして、国を挙げての国家プロジェクトとして、年間100万本もの苗木を植樹すること

 に乗り出したのです。

1999年10月26日   リマ市内の国立美術館にて開催された、「第3回伝承医薬世界会議」において、

 ウクライナ医科学アカデミーの研究チーム(ロマネンコ所長)が発表した臨床報告によると、「チェルノブ

 イリ原発事故の後遺症に苦しむ患者150人に対して、キャッツクローを凍結乾燥させた錠剤を6ヶ月投与

 したところ、九割以上の人が免疫活性を示す各種パラメーターが上昇し、腫瘍細胞の縮小、消失が確認され

 た。」という研究結果が発表されました。

 伝えているのは、南米ペルーのインターナショナルプレスと、ペルーエルコメシオ紙のメジャー紙です。

 

1999年12月3日    ペルーのアリドミ・ビクトル在日大使が、茨城県庁を訪れ、橋本昌知事に、

 「キャッツクローには、抗がん作用や白血球増加作用などがあることから、「東海村の臨海事故で被ばく

 した人に使ってほしい。」と、ペルーのキャッツクローを寄付されました。

 

1999年12月4日    朝日新聞朝刊・水戸版・35面にアリドミ・ビクトル在日大使が茨城県庁を

 訪れ、橋本昌知事にペルーのキャッツクローを贈ったことを報じています。

 

2000年 7月4日    「第21回 日本炎症学会」が東京新宿・京王プラザホテルで開催され、

 「キャッツクローの抗炎症作用」に関して、聖マリアンナ医科大学の難病治療研究センターの研究グループ

 から、新たな視点による発表がありました。その発表によりますと、「キャッツクロー」には、炎症性のマ

 クロファージ系細胞を、正常化する働きのあることが明らかになりました。

 これによって、「キャッツクロー」が、慢性の炎症に伴う「痛み」に対して有効であることが、医学的に裏付

 けられました。

 

 

 


☆ ペルーの奇跡

南米ペルーの地図と、ペルーの人々の紹介。
神々しきアンデスの高峰
神々しきアンデスの高峰

 ペルーの作家で詩人の アントニオ・シスネロス(antonio cisneros 1942-)氏は、民間伝承薬に造詣が深く、『ペルーには世界に誇るべき3つの奇跡がある。』と語っています。

 

 1つ目の奇跡として、マラリア熱から世界中の人類を救ったキニーネ

(キナの精製物 アルカロイドの一種)、

2つ目は、その昔、何百万人ものヨーロッパの人々を飢えから救った

馬鈴薯(じゃがいも)であり、

そして3番目の奇跡として、この「キャッツクロー」をあげています。

 ペルーが生んだ「奇跡のハーブ」"キャッツクロー”は、世界中の様々な場所で貢献しています。

 

在日ペルー共和国大使、有富ビクトル氏のキャッツクローのご推薦の言葉。

キャッツクローは、WHO(世界保健機関)の公式認定薬用植物ハーブです。

1994年5月  国連のWHO(世界保健機関)主催のジュネーブ国際会議において、キャッツクローは免疫強化作用を持つ薬用植物として、また副作用のない抗炎症剤として、その薬理効果の優秀さが認められ、WHOの認定薬用植物メディカルハーブ(病気の予防・治療などの目的で用いられるハーブ)として、公式に認定されました。


WHOとは、

WHO世界保健機構本部(スイス・ジュネーブ)の建物の写真

 世界保健機関(せかいほけんきかん)は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国連機関)です。

 1948年設立。本部はスイス ジュネーブ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっています。

 WHOでは「健康」を「完全な肉体的、精神的および社会福祉の状態であり、単に疾病または病弱の存在しないことではない」(WHO憲章前文)と定義しており、非常に広範な目標を掲げています。

 そのために、病気の撲滅のための研究、適正な医療・医薬品の普及だけでなく、ベーシック ヒューマン ニーズ

(BHN)の達成や、健康的なライフスタイルの推進にも力を入れています。

WHOの活動内容

WHO 世界保健機関の旗(へびと杖のマークは、ギリシャ神話の医学神アスクレピオスに由来しています。

● 世界保健機関憲章 第一条「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的とする

● 情報の収集公開や国際基準の設定(国際疾病 ICDの作成など)

● 多国間協力の推進

● 災害時緊急対策

● 感染症対策(種痘根絶、拡大予防接種対策)

● 都市に住む人の健康を守り、生活の質を向上させるため、WHO健康都市に対する取り組みの推進

2006年5月現在、193の国と地域が加盟しています。

 

   WHO世界保健機関の旗のへびと杖のマークは、ギリシャ神話の医学神アスクレピオスに由来しています。


ペルー共和国の国旗

 

 

ペルーでは、国家プロジェクトとしてキャッツクローの栽培、育成に取り組んでいます。

                             




1996年2月13日火曜日

ペルーの新聞「エルペルアー」にて、紹介されたフジモリ大統領の写真と記事。

 「キャッツクロー」が WHO(世界保健機関)に、認定されたことにより、世界中から需要が広まり、その後一大ブームが起こりました。

 しかし盛んに伐採され乱獲へとつながってしまい、品不足となり絶滅の危機に瀕してしまいました。

 そこで当時のフジモリ大統領が乱獲を規制し、輸出業者を選定するなどの「キャッツクロー保護法」を制定させました。

そして、国を挙げての国家プロジェクトとして、年間100万本もの苗木を植樹することに乗り出したのです。

 

当時のペルーでは、それといった産業もなく、農民たちは貧困のため、やむなくコカインの原料となる、コカの製造に関わってしまうという状況でしたが、フジモリ大統領の熱意ある指導のもと、キャッツクローの栽培に変えることによって、コカインの撲滅と、農民たちの貧困からの脱却をもなされていったのです。

 

 そして、現在では安定した供給がなされ、世界中に輸出されて、今や「キャッツクロー」は「マカ」とともに、ペルーの重要な輸出産業として、確立されているのです。

 

 特にドイツ・フランスを代表とするヨーロッパ諸国では、「医薬品」として認可され、リウマチや関節痛の治療薬として、多くの患者さんに使用され、世界中でお役に立っています。

ペルーの世界遺産  空中都市マチュピチュ
 ペルーの世界遺産  空中都市マチュピチュ

○ 「キャッツクローハーブα」の本文サイトに戻って、詳しい商品説明をご覧ください。

 

○ キャッツクローは、本来の免疫力を高めて、自然治癒力をアップさせる作用を、保護する働きがあります!!


○ キャッツクローQ&Aや、ご愛用のお客様からの

体験談や、喜びの声を掲載しております。

こちらをご覧ください。

 〇 キャッツクローに関する本や、書籍、医療

  専門誌などを紹介しています。



○ ご注文のお手続きへのご案内をします。