キャッツクロー 自然治癒力を甦る!


自然治癒力とは、免疫力!?

キャッツクローの免疫力向上の説明。

 人間が生まれながらにして持っている、自分で病気を治す力。

 人工的に手術を施したり、薬物を投与したりしなくても、

 本来の自分のチカラで治す機能のことを、自然治癒力といいます。

 自然治癒力には、つぎのような機能があります。

          自己再生機能

          自己防衛機能

          自然創傷治癒機能

          炎症反応・異物除去機能

 そして、これらの機能が働く力を

          免疫力といいます。

私たちの身体の中の「免疫細胞」の画像

  

 

  この免疫力は、私たちのさまざまな臓器や

  各器管「免疫細胞」によって、

  組織づけられ構成されています。


○ 免疫細胞の種類

免疫細胞の種類
血管の中の、マクロファージなどの免疫細胞の画像
      血管の中  ( 図はイメージです。)

 

 

   そして、この「免疫細胞」のおかげで、

  私たちの身体はさまざまな病気から、

  守られているのです。


病気の原因は、免疫力(自然治癒力)の低下!?

でも、なぜ病気になるのでしょうか?次のような原因が考えられています。

 それは、つぎのような原因から病気になると考えられています。

 ① 免疫力の低下

     原因 ○ 加齢

        ○ ストレス(身体的・精神的)

        ○ 昼夜逆転の生活習慣

        ○ 過度な肉体労働による肉体疲労

        ○ 睡眠不足

        ○ 栄養不良

 

 ② 免疫力の異常

     原因 ○ 免疫過剰反応(アレルギーなど)

             免疫が強すぎると、無害なものにまで攻撃を加えて、

             炎症反応を起こしてしまいます。

             これがアレルギー疾患を引き起こします。

         ○ 免疫異常反応(リウマチなどの自己免疫疾患など)

             免疫が関節の組織を攻撃してしまうこと。

             自分の身体を誤って攻撃することになり、免疫の暴走

             とも言います。

             膠原病やリウマチなどの、自己免疫疾患を引き起こします。


自然治癒力を高めるためには?

○ 免疫システムの充実

   病原性の細菌やウイルスが、私たちの体に侵入してきたとき、それを排除しようとするシステムが

   あります。それが免疫システムです。

   子供のころ夢中で遊んでいて、擦り傷などができても、いつのまにか自然に治っていることが

   ありましたね。これが自分の中にある免疫の力なのです。

 

   しかし、大人になるうちに気分が滅入ってしまっているときなどに、よく風邪をひくとか、

   体調を崩してしまうことなどよくあります。

   そんなとき、「免疫力が落ちているな」と感じることがありますね。

 

   そうです。免疫力とは、常に十分な働きをしてくれるとは限りません。

   過労やストレス、そして加齢によって免疫力は低下してゆくものなのです。

 

○ 免疫細胞ナチュラルキラー(NK細胞)を活性化!

  免疫力を低下させないためには、過労を避け、十分な休息と十分な栄養を心がけることです。

   しかし自分の思い道理にならないのが現状です。 

    

 ネットで「免疫力を高めるサプリは?」で「検索」すると、ベスト3の中に必ず出てくるのが

   キャッツクローです。

  キャッツクローとは、免疫力を高めるハーブサプリです!

            そこで、おススメなのが

 

 

 

「キャッツクローハーブα」の樹皮抽出物成分、

6種類のアルカロイドが、ウイルスなどの異物

いち早く攻撃する性質を持った、免疫細胞ナチュラルキラー

NK細胞)直接働きかけて、自然治癒力を活性化させます。

 

  このようにキャッツクローは、あなたの自然治癒力を蘇らせて、

  「痛み」の出ない身体づくりの、お手伝いをします。

  いま話題の健康素材として注目の、「キャッツクローハーブα」を

     免疫力アップサポートとして、

        ご利用されることをお勧めします!


体験例のご紹介

年齢とともに衰えていた免疫力が、キャッツクローによって蘇ったという体験例をご紹介します。

Y・T様 66歳 男性 造園業経営

十代からこの庭造りの仕事です。

20年くらい前、庭師の親方のところのおかみさんが、くすりやさんからキャッツクローを

買って飲んでおられました。

おかみさんは、リウマチの痛みが取れて、指が動くようになったと言って、いつもおいしい

料理を作って、自分らに食べさせてくれたのを覚えています。

また自分らも肉体労働ですから、体のあちこち悪くなってくるもので、キャッツクローを

分けてもらって飲んでいました。

  60歳になったら、腰の痛みが我慢しきれんもので、思い出して、うちの若いもんにインタ

 ーネット通販で調べて、この「キャッツクローハーブα」を取り寄せて飲むようになりました。

4年くらい飲んでいます。

仕事はまだ現役で頑張ってますので、きつい作業の続いた後などは、痛みは一進一退という

ところです。

アンケートに「ご愛用後の感想を」とあったので、腰の痛みとは違うことですが、

これは是非、皆さんに教えてあげたいと思いメールしました。

山の中や草むらで作業しますので、6月から7月、8月に掛けて虫に刺されることが多いのです。

赤く腫れてただれたり、水泡ができて、その皮がむけて血が止まらなくなったり、そのつど

皮膚科に行って、ステロイド系の殺菌剤の軟膏などをもらって、塗っていましたがなかなか

治らず、皮膚がもとに戻るのには、3か月くらいかかっていました。

ところが、「キャッツクローハーブα」を飲むようになって、2年目のころでした。

3日くらいで赤い部分が小さくなってきて、一週間もすると茶色くなって、10日もすると

きれいになくなってくるのです。あとも残らないのです。

毎年、風呂上がりにテレビを見ながら、ステロイド剤の軟膏を塗ったり、新しい包帯を巻く

のが、それまでの日課だったのですが、それがピタッとやらなくてよくなったのです。

なぜ、こんなに治るのが早くなったのだろうか?

そこで、そちらの「お客様サポートセンター」に問合せしたんです。

何日かして、返事がきました。

「キャッツクローを何年も飲んでおられると、免疫力が向上して自然治癒力が強化され、

傷の治りが早くなったり、かぜをひかなくなったという報告が、たくさん寄せられています。

病院から処方されたお薬の効き目が良くなったという、ご報告もあります。」とのことでした。

こういう経験をすると他人に教えたくなりますね。

インターネットでたくさんの人たちが見ておられるでしょうから、是非教えてあげてください。