ルテインダブルサポートiをご愛用のお客様の声、感想、体験談

ルテインダブルサポートi                                  ご愛用 お客様の声

 ※「お客様サポートセンター」に寄せられた,お客様の個人の感想です。効能効果を表したものではありません。

   なお投稿されたメールやお手紙は、ほぼ原文通りの掲載を原則としていますが、拝啓、敬具、前略、

   季節のあいさつ文、また弊社へのお礼や感謝のことばなどは、ページ紙面の都合上割愛させて頂いております。

ルテインダブルサポートi(アイ) ご愛用のお客様の感想、体験談

 K・S様 41歳 男性 会社員 

       IT企業に勤務しており、一日10時間くらいパソコンを使用しています。

   部署の同僚が、右目のピントが合わない、ぼやける、ゆがみがあるといって、眼科で診てもらったら、

  黄斑変性症と診断されました。

   インターネットでいろいろ調べましたら、原因はパソコン画面から発生される、ブルーライトという

  有害な青色光によって、網膜が傷つけられるのだそうです。

   パソコン画面にブルーライトカットフィルムを貼ったり、パソコンメガネをかけたりしました。

  そして、ブルーライトカット 青色光カットするサプリメントは、飲むサングラスといわれる

  「ルテイン」が良いとの記事がありましたので、ネットで注文したわけです。

   目が疲れなくなりましたね。飛蚊症の黒い点が消えました。

 


 T・Ⅿ様 52歳 女性 会社員 

4年ほど前に、主人がよくインターネットで通販を買っているので、私も目の健康にと思って

「ルテイン」を頼んでもらいました。

 会社で細かい作業をした後に目をしばらく閉じていないと、きつかったりしたもので、主人に

インターネットで何が良いか検索して頼んで送ってもらったんです。

 まずは1ビンだけ飲んで様子をみてからという程度に思って1か月分頼みました。

 ちょうどなくなるころでしたか、朝、なんとなく周りが明るい感じで、いつも眉間のあたりが

重くて痛かったのが軽い感じで、会社での仕事も目を気にすることがなくなりました。

 まぶしいと思わなくなりましたね。

 目の視力が落ちて、度数が合わなくなるとすぐメガネを買い換えていましたが、この4年ほどは

買っていません。

 もう年だからとあきらめかけていましたが、私にはとても良かったと思います。

 「ルテイン」をこれからもずっと続けて飲んでいきたいと思います。ありがとうございました。

 


Y・T様 66歳 男性 自営業

「黄斑変性症」になる前の前兆のような兆候のことをお教えしたいと思います。

9年前、真夏の暑い日でした。

お盆の準備にお墓の草取りに行こうと思い、車を走らせてしばらくすると、右の目がぼやけて

見えづらくなってきました。

そのうち右目の視界の左の上の部分が黒くなってきました。

確かに視界の4分の1、左の上だけ黒くなりました。他はぼんやりですが見えていました。

熱中症で眼がおかしくなったのかな?と思い、車を日陰に置いて、エアコンを掛けて休んで

ましたら治まりました。

そのような状態が数か月続いた後、右目の中心が白っぽくなって、ものが歪んで見えるように

なってしまったのです。

これが「黄斑変性症」なのだとすぐ気づきました。知人がなったのを知っていましたので。

その間、県外出張などいろんな事情で病院には行けませんで、3年ほどして病院に行きました。

眼科で治療法をいろいろ教えていただきました。

眼球に直接注射をして薬物を流入させて、正常に見えるようにするという方法を勧められま

したが、一回の治療費が7万円ほどして、それを年に4回もしなければならないことなどを

いたら尻込みしてしまって。

眼科の先生は、「片目が黄斑変性症になったら、もう片方の目も発症する可能性がある。」

「両目とも発症したら、生活に重大な支障を来たすことになる。」と言われました。

そうならないための予防には、ほうれん草やブロッコリーのような「緑黄色野菜」を、食事

の中で摂りなさいと言われました。

緑黄色野菜の中に、色素成分「ルテイン」が含まれているとのことでした。

その「ルテイン」が、「黄斑変性症」の発生を抑えるそうです。

しかし私は数年前に「尿路結石」を患い、その結石のもとはシュウ酸で、ほうれん草にもその

シュウ酸が含まれているので食べられませんと言いますと、それならばサプリメントで

「ルテイン」を飲むと良いと、教えてもらいました。

ネットで「ルテイン」のことを調べて、こちらさんが良いと思って注文した次第です。

飲み出して2年ですが、片方の目はまだ正常で発症していません。

予防はできていると思います。

それと、右目は正常な左目に比べて全体的に暗かったのですが、「ルテイン」を飲み始めて

1年くらいで、左目と同じ明るさに戻りました。

「ルテイン」で、「黄斑変性症」のゆがみが改善した例もあると聞きました。

私の場合、「黄斑変性症」の発症の兆候として、眼の視界のまわりが黒くなり始めたときに、

すぐに眼科に行って、そして「ルテイン」を飲み始めていれば、「黄斑変性症」は予防でき、

発症することはなかったのかもしれません。

悔やんでも悔やみきれません。

このように「黄斑変性症」の兆候はありますから、その兆候に気付いたら、すぐに眼科へ

行ってください。

私のようにならないようにと思って、また私の体験が参考になればと思い、手紙にして

送りました。

 


 

T・Ⅿ様 59歳 男性 カーショップ経営

平成19年の8月の暑い日でした。右目の視野が急に暗くなって、中心が歪んで見えだしました。

翌日、眼科に行きまして2時間ほど、いろいろ調べてもらいました。

「加齢黄斑変性症」と言われました。

ショックでした。50歳になったばかりで、眼が見えなくなるのかと。

ルテインを飲み始めたのは、4年前からです。

同じような時期に、家族や友人、いとこまで偶然なのかみんなが、「ルテイン」が眼にいいそうだと教えて

くれました。

ネットで調べる内に、確かに黄斑変性症には「ルテイン」が良いようだということはわかりました。

でも価格もいい値段で、いまいち買って飲むまでは至りませんでした。

しかし、そうしてる内に、もう片方の左目も発症するかもしれないと不安に思い、眼科には定期ごとに行って

いましたので、先生に治療法やルテインのことなど相談して聞いてみました。

眼球に、直接薬剤を注射するルセンティスとかいう治療法があると聞きました。

「抗VEGF薬」を注射すると、正常にちかく見えるようになるそうです。

ところが、6週間くらい経つとまた元に戻って見えなくなるそうで、また手術しなければならないそうです。

1年に何回も。しかも1回の手術代が6万から7万円もかかるそうです。

(保険適用で3割負担で)これは私はしませんでした。

それで先生に「ルテイン」のことを尋ねました。

そうしましたら、「ルテインは確かにいいよ。うちでもルテインと亜鉛含有のサプリを販売しているよ。」と

いって、「わかもと製薬株式会社のオプティエイドDE」というのを勧められました。

亜鉛が入っているのは良かったんですが、ルテインの量がいまいち少なかったので、これは途中でやめました。

女房がネットで、おたくのサイトを見つけまして、値段はさほど他所と変わらなかったのですが、眼のことだけ

でなく「認知症の予防」までサポートされているのが、女房は気に入ったようで、すぐに購入を決めた次第です。

実は私の親父も、亡くなる前の1年ほどは、私の顔も女房も孫の顔さえ分からなくなっていました。

痴呆症は遺伝するようだと聞いたので、どうせ飲むなら脳にもいいものをと思いました。

始めから徳用タイプの大瓶の方を頼みました。

今では年に3回、4か月ごとに徳用瓶2瓶を、カード決済で注文しています。

たばこ代がこれに代わったのだと思うようにしました。

たばこはいけないと眼科の先生から言われましたし、ネットでも喫煙者がなると載っていましたので、すぐ

やめました。

周りから「よくやめられたね。」と言われますが、両目とも失明するのではと思うと怖かったので、すぐ

やめられました。

飲み出してからの経過ですが、1年が過ぎるころから、右目が全体的に明るさを取り戻せたようです。

2年が過ぎて3年目ぐらいから、中心部分を覆っていた黒いもやが取れました。

そしてゆがみの芯というか、ギザギザの針金で作った「Ⅴ」の字のような形をしたものが、むしろそれが

逆にはっきり見えだしました。黒いもやが消えたからでしょう。

最近ではその「Ⅴ」の字は少し小さくなったように思います。しかし残念ながら今だに中心部に有って、

周りをゆがませています。

しかし数年前に比べたらたいへんな違いです。

風呂に入って、左目を手で覆って右目だけで壁のタイルを見ると、数年前は視野のほとんどが黒かったのが、

今ではそのタイルの模様までわかるようになってきました。 

ネットでは、改善した人がおられるようなことが載っていましたが、前は半信半疑でしたが、今は希望が持て

るようになりました。これからもずっと続けていきたいと思います。

 


H・U様 男性 68歳 無職

会社を定年で退職しました。

嘱託でまだ何年か居てくれとの要請もありましたが、固辞させてもらいました。

PCのモニターを見るのに、眼がきつくてどうにも我慢が出来なかったのです。

私らは、いわゆる団塊世代で、あの1999年問題で、すべての職場にPCが、なかば強制的に導入されたころ、

50歳になるかならないときでした。

あれから15年以上、PCばかり見ていたら、視力がかなり落ちて老眼も進んできました。

眼が悪くなると、覇気がなくなるというか、やる気がなくなって、何もしたくないと思うようになりました。

退職する数年前から「ルテインがいいよ。」と友人から勧められて飲んでいます。

あまりサプリには興味がなかったのですが、飲み始めてすぐに思ったのは、まぶしさを感じなくなったことです。

朝起きても、まぶしくて頭痛までするようになっていましたので、これなら続けてみようと思いました。

退職後も「ルテイン」は継続して飲んでいます。またずっと飲もうと思いました。

というのは、私は趣味として「川柳」を作っておりまして、新聞社やNHK、地元の放送局、専門誌などに

投稿しております。

何度か入選して放送に取り上げてもらい発表されたこともあります。

投稿はすべてPCでやっています。

ですから「ルテイン」を飲むのをやめるわけにはいきません。

その「ルテイン」が、認知症の予防にも期待されるとの、読売新聞の記事を見まして、たいへん嬉しく思って

おります。

と言いますのは、家族からと友人たちから「定年でリタイアしたら、ガクッと老け込んでボケるよ。認知症に

なって、その辺を徘徊して電車を止めたりして、損害賠償を請求されたら困るよ。」などと冗談半分、本気

半分で言われております。

認知症の予防には、「イチョウ葉エキス」とか、「黒酢」なんかが血行を良くするからいいと聞いていまし

たので、それらを購入して飲むつもりでおりました。

でも数年前から飲んでいる、この「ルテイン」だけで、他は何も買わなくても良いというので、嬉しく思って

います。

3粒ずつ飲んでいたのを、今は朝食後に多めにして14粒から6粒飲んでいます。

友人たちにも薦めています。

 

そこで、ルテインの「川柳」をいくつか作ってみました。

“ルテインで 老後の備え 眼と脳に”

“ひとみと脳 安心築く ルテインで”

”ルテインで 明日も見えるようになり”

“ルテインで ボケない老後 大安心”

“ルテインで しあわせな老後 送りたい”

“ルテインで あの頃の夢 取り戻す”

 

 


H・K様 男性 67歳 公認会計士

小学5年生のころですから、昭和35年ごろですか、祖父が痴呆となり徘徊する癖があり、しょっちゅう家を出て

帰ってきませんので、父と二人で周りを探し回ったものでした。

ゆかたの帯はゆるんで、前がはだけて下半身丸出しで、近所からはキチガイさんと呼ばれてました。

夏で暑かったのか、川の中に入っているのを見つけて、父とふたりして引っ張り上げたのですが、

とても重たかったことをよく覚えています。

祖父はやさしくしてくれましたので、そんなになってからも、嫌いに思うことはなかったのですが、

祖父を連れ帰る道で、クラスの女の子と合ったりすると、はずかしくて隠れたりしました。

今では私も、そんな祖父と同じ年齢になりましたが、なんとか痴呆症にはならずに今日までこれました。

それは、「ルテイン」のおかげだと思っています。

「ルテイン」は仕事でPCを扱うようになってから、視力が低下したので飲むようになりました。

もう10年くらい経ちました。

人様に迷惑を掛けないように、老後を無事に暮せますように、これからも、この「ルテインダブルサポート」を、

ずっと飲み続けたいと思います。

 


R・N様 女性 65歳 主婦

お友達に「買い物に一緒に行こう」と電話をして、2時間ほどして家に行ったら、若嫁さんが沈んだ顔で、

手を横に振るんで、「どうしたの?」と聞くと、「おばあちゃんが部屋から出てこないんです。」というんです。

家に上がらせてもらって部屋に入ったら、お友達がけげんそうな顔で私をじいっと見て、「どちらさまですか?」というのです。

もうびっくりして「私よ、私!」というのですが、首をかしげるばかり。

2時間前は元気に話したばかりなのに。

若嫁さんの話では、ひと月ほど前からおかしいので、病院に連れていきましたら、アルツハイマー型認知症の

中期の症状が出ているとのことでした。ときどきわからなくなるのを「まだらぼけ」というそうです。

認知症だなんて、まったく関係ないと、他人ごとだと思っていたけど、こんな身近におこるなんて。

幼い頃からの友達で、お互いのことを今でも「ちゃん」づけで呼び合う仲良しでした。

今では、ご主人や息子さんにまで、「どなたですか?」というほ、ど認知症がすすんでいるそうです。

それから認知症にならないために何をしたら良いのかしらと、くすりやさんに相談しました。

私が「緑内障」のために飲んでいる「ルテイン」が、認知症の予防にも期待されるようですよと、教えて

くれたのです。

それで、その前までは12粒ずつ飲んでいたのを、認知症の予防のために、粒ずつに増やして飲むように

しました。

徳用タイプの方をいつも頼んでいます。ひと月分が6,000くらいですよ。

認知症が発症しないために、これからもずっと飲みたいと思います。

 


T・M様 39歳 女性 パート勤務

70歳になる母に飲ましています。

母は一人暮らしです。

長男である兄が海外勤務で、ドバイに長期滞在していますので、私が面倒を見るよう兄からも言われていますが、

私は県外でなかなか難しいのです。

近所でボヤ騒ぎがあり、やはり一人暮らしの方がけがされたとか。少し軽い認知症があったとか。

そんなことが心配なので、「ルテイン」を飲ませようと思いました。

でも母は気が強くて、ボケ予防で薬みたいなものを飲むのは、嫌がるだろうと思いました。

そしたら、少し目がかすむので「ブルーベリー」を飲んだことがあると言いましたので、それならばルテインを

買ってあげるから飲みなさいと、ボケ予防になるとは言わず、眼にいいよと言ったら、とても喜んでくれました。

年に数回買っています。孫の写真や手紙と一緒に、郵便局のゆうパックで送っています。

 

 


K・Y様 女性 51歳 新聞社勤務

母は、このルテインをもう15年も前から飲んでいると言っています。

当時、家に来られていた、くすりやさんから買って飲み始めたそうです。

母は、若いころから和服の仕立ての仕事をやっていました。

腕が良かったのでしょうか、何店もの呉服屋さんから仕事が来ていました。

朝から晩まで座りっぱなしで、きものを縫っていました。

正月の前が特に忙しく、徹夜続きでしたので、家事や料理は全部私がやらされていました。

大みそかの日ぎりぎりまでに仕上げて、納品しなければならないとかで、隣の部屋で呉服屋さんが

待っていました。

そんな無理がたたったのか、それで目が緑内障になったのだそうです。それで目薬とルテインは

欠かせないそうです。

そんな母も今81歳ですが、たまに風邪をひくくらいですが、とても元気です。

ここ3年くらい前からは私の名前で注文して、実家に送っています。

ルテインを飲んでいると、認知症の予防にもなるらしいよと私が教えてあげましたら、

 「目に良いだけじゃなくて、脳にも良いなんて儲けた、儲けた、儲けたねえ!」などと歌うように言って、

 踊るようなしぐさで周囲を笑わせています。

 そんなひょうきんで、人を笑わせるのが大好きな母に、いつまでも長生きしてもらいたいので、

これからもずっと「ルテインダブルサポートi」を、送ってあげたいと思っています。

 


ルテイン Q&A

 「お客様サポートセンター」に寄せられた、よくある質問の一例をご紹介します。

Q ご質問 :  

私の母は69歳です。いなかで一人暮らしをしています。

その母に、御社の「イチョウ葉ブレインJ」をネットで購入しまして、帰省の折に「認知症の予防」に

なるからと言って、母に飲むようにと贈ってあげました。

3か月ほどして電話で、「飲んでる?なくなったら送るよ。」と聞いたら、「まだある。」と言いますので、

数か月してまた聞いたら「まだある。」というのです。

帰省してその瓶を見ましたら、ほとんど残っていました。飲んでいないのです。

「なんで飲まないの?」と聞いても、「うん、うん。」というだけでした。

しつこく聞くと、「今は何ともないから飲んでないねえ。」というのです。

「何ともないときに飲むから予防になるんだよ。」と言い聞かせましたが、「はいはい。」と上の空で

返事をするだけでした。

「認知症」にならないように,母に何とかして「イチョウ葉ブレイン」を飲ませたいのですが、

どうしたら飲んでくれるようになるのでしょうか?

飲ませる方法を教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。    

43歳 男性 会社員の方より。

 

 A 回答;

アンケート調査で、「なってもらいたくない親の病気」のトップに「認知症」が

あげられています。

少し前は、「ガン」がトップで、2番目が「寝たきり」でした。

お母様のために息子さんがよかれと思い、「認知症予防サプリ」の「イチョウ葉ブレイン」

を買ってあげられたのに、お母様の思わぬ抵抗に合い、息子さんの困惑の様子がよくわかります。

まずお母様がなぜ飲まないかを考えてみましょう。

お母様の年齢は「団塊世代」ですね。この世代はとても辛抱強くて、我慢強い方が多いのです。

欲しくても物のない時代に生まれ育っていますから、我慢することが美徳とさえ思われています。

まして、お母様のご両親は戦前、戦時中の「倹約は美徳。 欲しがりません 勝つまでは! 贅沢は敵だ!」

といった教育を受けておられます。

そのようなご両親に育てられたお母様ですから、辛抱強く我慢強いのです。

例えば、真夏に高齢者が自宅で「熱中症」になって、救急車で搬送されるというニュースをよく聞きます。

これも「一人でクーラーなんてもったいない」と、我慢するからです。

「何ともない」  →「何ともないから必要ない」  →「必要ないのに飲むのは無駄で、贅沢。」

 →「贅沢なことはできない」  →「だから飲まない。」

お母様の飲まれない理由がこの辺にあるようですね。

また、飲み続けると、金銭的に息子さんに負担をかけるのが心苦しかったのでしょう。

息子さんに気遣いをされるお母様のやさしい心がうかがえます。

でも、何ともない時に飲むから予防になります。

厚生労働相も「認知症」は、早期発見と予防が大切と盛んにキャンペーン(啓もう活動)を行っています。

早めにお母様に飲んでもらうようにしなければなりません。

「ルテインダブルサポートi」を飲ませてください。

お母様の世代のほとんどの方は、眼の悩みを持っておられます。

「老眼」はもとより、「白内障」「緑内障」「加齢黄斑変性症」「飛蚊症」などの眼の病気です。

病気でなくても、「視力が落ちた、まぶしい、疲れ目、ドライアイや、眼の奥が痛い、頭痛までしてくる、

目薬をいつもさしている」、などといった眼の悩みをかならずお持ちです。

「眼の健康維持に良いそうだから飲んでみたら。」と言って、「ルテイン」を勧めてください。

お母様も眼の健康のためなら、飲んで見たいと思われます。

「ルテイン」は眼の健康と同時に、「認知症」の発症や進行を予防できる可能性があるとして、

シニア世代に人気が高く、期待されています。 

さらに脳内サポート成分が追加配合されていますから、この「ルテインダブルサポートi」1本で、

瞳と脳をダブルでサポートします。

経済的ですから、お母様も安心して継続して飲まれることと思います。

  本文サイトは、こちらをご覧ください。