閃輝暗点 女性に多い理由は女性ホルモンの影響!?

閃輝暗点、女性に多い理由は女性ホルモンの影響?

閃輝暗点の発症原因は、男女差や年齢差により個人差があり多種多様で、まさに種々さまざまです。

男女別では、女性が圧倒的に多く、約8割で男性の3~4倍とも言われています。

○ 女性に多い理由は?

1、女性ホルモンの影響

月経、妊娠、出産による女性ホルモンの分泌バランスの変化、生理不順、閉経前後の更年期症状など。

生理が無くなり女性ホルモンが安定する妊娠・出産・授乳のときは一時的に閃輝暗点が治まることがありますが、出産後に閃輝暗点がまた始まり頻繁に出るようになった例も多くあります。また逆に妊娠したら閃輝暗点になったという例もあります。このように月経周期に関連して発症する例が多いことが明らかになっています。また初めてなった年齢も、初潮を迎える思春期以降の小学生や中学、高校の時などが多いようです。

2、遺伝的な要因

  閃輝暗点の症状のある女性の半数以上に、母親や、あるいは祖母が閃輝暗点の症状の経験者である例が多く

  見うけられます。

3、女性ホルモンとセロトニンの密接な関係

  閃輝暗点は、女性ホルモンの分泌量の変動と関係があるといわれ、生理の始まる1~2日前や、生理中(特に

  生理が始まって2~3日の間)に良く起こります。

  女性ホルモンの一つに卵胞ホルモン「エストロゲン」がありますが、このエストロゲンの分泌量の変動が

  脳内セロトニンの変動に大きく関わっています。その影響により痛みやストレスに対して過敏になり、

  閃輝暗点を起こしやすくなるということが明らかになっています。

 

このように、女性ホルモンとセロトニンとは密接な関係があり、月経周期により女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少することに正比例して、脳内セロトニン量も減少することから、閉経前後のいわゆる更年期における女性の精神的不調、および閃輝暗点のような身体的不調の原因になっています。

                            閃輝暗点について、詳しくは」こちら

                                     ブログ一覧に戻る

コメント: 2
  • #2

    ネットサーフィンきどり (金曜日, 07 9月 2018 10:18)

    38歳です。3人の子持ちママです。出産授乳が終わったころから、ひどい閃輝暗点になりました。
    結婚前の20代に何回かありましたけど、最近のこの頃の方がひどくてつらかったです。病院の薬は頭痛薬だけでキラキラは治療できないと言われました。このサイトは、予防の仕方も詳しくて、とても勉強になりました。牡蠣エキス注文しました。また経過を報告します。

  • #1

    ググりマーや (日曜日, 02 9月 2018 15:30)

    44歳、女性、おととしあたりから閃輝暗点になったのですが、病院の頭痛薬が効いたり効かなかったりで不安でしたから、いろいろなサイトをググっていたらこのサイトを見つけました。対処法など詳しくて安心します。またコメントします。