なぜ雨が降ると、ひざ関節が痛くなるのでしょうか?

 

 質問: 58歳 女性 私は雨の降る日にいつも体中が痛くなります。特にひざがかくかくして、ピリピリ痛みます。なぜ雨が降ると、ひざ関節が痛くなるのでしょうか?

A: それは「天気痛」などと呼ばれて、これからの雨季の季節に生じやすい症状です。

梅雨に入ると、「関節の痛み」や「頭痛」に悩まされる方が多くおられます。

とくに、ひざの関節や腰に変形性関節症や、関節リウマチなどの持病をお持ちの方は痛みが増してきます。

雨の日に、ひざや腰の関節が痛くなることが多くなる原因は、気圧が下がると体内のプロスタグランジンや、ヒスタミンという物質が増えてくることによって、関節の血管が炎症を起こすこととなり、痛みが生じることになるからです。

また、自律神経のバランスが乱れることによって、それらの痛みに敏感にもなってくるのです。

血行を良くする食材をたくさん摂ることをお勧めします。予防へとつながります。

                                        ブログ一覧に戻る